化粧スレートなのに塗装が出来ない|パミール|豊明市


豊明市のお客様からお電話がありました。

『他の業者に見積もりをとってるんだけど塗装が出来ませんって言われた!!』

『屋根には塗装しないといけないスレート(カラーベスト)が使われているハズなのに!!』


という事でした。


本来化粧スレートと呼ばれる屋根材は塗装というメンテナンスが必要となります。

それは屋根材自体がセメントと繊維で出来ており年数の経過とともに基材が劣化していき

屋根材自体が水を含みやすく防水性が低下してきてしまうからです。


ですので新築から10年程経過したら塗装を検討された方がお家の寿命を延ばしてあげることが出来ます。



お電話だけでは分からないので実際に点検に伺う事になり

その点検の様子をお伝えしようと思います。
ニチハのパミール 層間剥離
ニチハのパミール 層間剥離
こちらが点検時の様子です。

屋根の表面がめくれて白色の素地の部分が露出しています。

結論から言いますと

やはり塗装は困難な状態といえます。
塗装しても早い段階で基材(屋根材)自体から剥がれてきてしまい塗装工事をしても無駄になってしまいます。


この屋根材はニチハという建材メーカーが販売していたパミールという商品です。

ニチハのパミール 層間剥離
ニチハのパミール 層間剥離
アスベストが健康被害を及ぼすと発覚してから

アスベストを使用しないノンアスベストの建材の開発が行なわれてきて

パミールという商品はノンアスベストのスレート屋根材の初期に出た商品です。

しかし年数の経過とともにミルフィーユ状に基材が剥がれてくる層間剥離を引き起こす事が発覚しました。


しかしメーカーに問い合わせても雨漏れなどの実害がない限り無償の交換等は無理かと思われます。

ニチハのパミールが使われていたら・・・

まず塗装はやめておいた方がいいのでお勧めできません。

ニチハのパミールの場合の屋根の工事方法としては

・屋根の葺き替え工事  ※既存の屋根材を一度めくって新たに屋根を葺き直す工事

・屋根の重ね葺き工事  ※既存の屋根材の上に新たな屋根材を被せる方法(カバー工法)


この2種類です。

どうしても塗装と比べて費用はかかってしまいますが、

塗装をしても数年で剥がれてきてしまい工事のお金が無駄になってしまいます。


また劣化の状態にもよりますが既存の屋根材の撤去費用の掛からない重ね葺き工事がお勧めです。

撤去する手間もかからず、また短工期で工事も出来るのでお勧めです。


もしニチハのパミールが使われていたり

もしくは他の業者さんに塗装が無理と言われたら

街の屋根やさん名古屋市東店までお問合せ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

豊明市で軒天の張替工事

軒天施工前
軒天施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........