豊田市で瓦屋根の漆喰点検に行ってきました


漆喰劣化
今回は豊田市で屋根に登ります。漆喰点検です。日本瓦には漆喰があり、最近欠片が落ちてくるのに良く気付くそうです。高いところから落ちてくるので当たると危険ですし、周りにはほかの建物もあります。年数も関係してくるので定期的なメンテナンスが必要です。
漆喰劣化
大屋根の鬼瓦です。通常は漆喰が巻いてありますが、こちらはコーキング巻きでした。当社でもリフォームの際はコーキング巻きで施工しております。見た目がスマートで且つ、漆喰よりも長持ちします。しかし今回の点検では元々の漆喰がやや残っている上にコーキング施工があり、劣化がすすんで切れて隙間がやや多く見られました。
漆喰劣化
棟下の漆喰です。経年劣化による剥離です。漆喰も塗り厚みを考えながら施工します。こちらを見ると露出している土と漆喰を見るとやや薄塗り感があります。
漆喰劣化
同じ棟の反対側も同様の剥離状態です。色がグレーになっているのは褪色の為です。
漆喰劣化
棟の先端付近の漆喰です。ほとんど剥離してしまってほぼ土です。土が露出していると雨風で土が出てしまい、ゆくゆく棟の歪みや崩れの減となってしまいます。
漆喰劣化
大屋根下には下屋根があります。下屋根の棟の造りは冠瓦のみの旨です。熨斗瓦はありません。漆喰部分の露出が広く褪色・劣化も比較的早いと思われますが半分以上漆喰が剥離していました。
漆喰劣化
下屋根の棟瓦の継ぎ目にはコーキング施工がありました。動きに強くなり、落ちたりしないようにこのような施工をします。この冠瓦の中には下地の木材があり、釘止めしてあります。写真を見るとその釘が浮いているのが分かります。個の釘浮きが多いと釘穴から雨水が入り、釘を伝って下地に当たってしまいます。
漆喰劣化
最後に下屋根の壁際漆喰を見てみました。大屋根ほどではありませんが、やはり経年の劣化は進んでいます。剥離の程度も多くはない状態ですが、他の部位の漆喰をリフォームするのであれは同時期にこの壁際漆喰も交換しておくことをお勧めします。
漆喰の補修と言っても会社により様々です。元々の漆喰の上に重ねて塗ってしまうだけの施工や、褪色した漆喰に色を塗る、という事例もあります。やはり必要に応じ、土の量から調整し、適切な位置に適切な塗り厚みで施工する事が好ましいといえます。漆喰の仕上がりは見違えるようになります。屋根の工事においてはあまり世間に金額が出ていないのでかかる工事金額に不安がある方も多いと思います。屋根形状や立地によっては漆喰工事だけの為に足場が必要になることもあります。
まずは点検作業です。当社でも漆喰工事を始め各種屋根工事を専門としております。屋根屋ならではの目線でしっかりとした診断とご提案をさせて頂きます。ご検討されている方は是非一度当社へお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

同じ地域の施工事例

施工事例

豊田市で屋根葺き替え工事|セキスイかわらUから立平板金屋根

セキスイかわらU
立平板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
約80万円(足場費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 春日井市

春日井市で陶器瓦に使われている棟の漆喰塗り直し工事をしました。屋根が瓦の場合は塗装は必要ありませんが棟部分のメンテナンスが必要となります。その中でも代表的なのが漆喰工事です。漆喰工事は15年毎に直すのが理想的です。今日は先日の漆喰工事の続き...........

屋根補修

名古屋市東区で「屋根が瓦の場合、メンテナンスは何をするべきなのか教えてほしい!!」とお問い合わせ頂きました僕たちの場合、どこの部分の屋根修理が必要なのかまず現地調査を行わさせて頂きます。実際に長いハシゴをかけ、屋根に登らさせて頂きます!!

屋根補修工事

犬山市で数年前に屋根の補修工事を飛び込み業者で行った屋根の点検を行ってきました。今回のお問い合わせ内容は・・・「以前、屋根の補修工事をやったのですが、その施工内容に不安を感じて一度プロに見てほしい」との事でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687