津島市で瓦屋根の漆喰補修工事をしています。漆喰の使われている箇所とは


津島市で瓦屋根に使用されている漆喰の補修工事をしました。

瓦屋根では多くの場合、棟と呼ばれる部分に漆喰が使われています。
湿式工法とも言いますが、最近では乾式工法という漆喰を使用しない方法もあります。

漆喰工事 瓦屋根
赤く囲ってある部分が棟下の漆喰と呼ばれる部分です。

その名の通り棟部分の下にあるので棟下漆喰といいます。
漆喰の上に瓦が何枚か積んでありますが、瓦の下の葺き土を雨から護る為にも
漆喰がこの部分に塗られています。

反対に漆喰が剥がれてしまうと葺き土が露出してしまうので

雨や風の影響を受けやすく土が流され棟の歪みに繋がってしまいます。
漆喰工事 瓦屋根
こちらは写真が違って壁際の漆喰ですが

漆喰を取るとこんな感じです

漆喰工事 瓦屋根
なかの土が見えます

この状態で放置しておくと土が流されてしまう恐れがあるので
漆喰が剥がれている場合は早急なメンテナンスが必要です

漆喰工事 瓦屋根
こちらが漆喰です

いろんなサイズの鏝を使用して漆喰を塗りこんでいきます

漆喰工事方法ですが
既存の漆喰は必ず撤去します。
撤去せずに上から塗り重ねるのはNGです!

塗り重ねた分、外に出てくるので風雨の影響を受けやすくなり寿命が早くなります
また劣化した漆喰の上に塗ってもしっかりとくっつかず、また元の漆喰と一緒に剥がれてきてしまう恐れもあるので必ず既存の漆喰は撤去します
漆喰工事 瓦屋根
こちらが塗り終えた漆喰です

既存の漆喰は撤去する!

これを必ず覚えておいてください

漆喰工事なら街の屋根やさん名古屋東店にお任せください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰

今回は日進市で漆喰の工事を行ってきました。漆喰とはどこに使われているかご存知ですか???瓦屋根の場合壁際や鬼瓦一番劣化やすいのは屋根の頂上の塗根の下に塗られている場所です。漆喰が劣化し剥がれてくるとその中にある土が水を吸ってしまい吸い込んだ...........

漆喰 補修

今回は名古屋市守山区で漆喰の補修工事を行ってきました。瓦自体は焼き物ですので基本的にはメンテナンスは必要ないので自分の家の屋根を見ることは少ないと思います。ですので今回はそんな瓦屋根の方の為に瓦屋根のメンテナンスの様子をお伝えしていきます!...........

漆喰 補修 

今回は劣化し古くなった漆喰補修工事を名古屋市名東区で行ってきました。漆喰は年数が経ってくると劣化し剥がれボロボロと落ちてきてしまいます。メンテナンスの目安は10年です!漆喰のメンテナンスをする際気を付けるポイントは・・・・古い物を撤去し新し...........