オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

弥富市で瓦屋根の点検に行ってきました。雨の入りやすいポイントとは


瓦屋根の点検
弥富市で瓦屋根の点検に行ってきました。

瓦屋根の点検のポイントと雨漏りの原因になりやすいポイントをお話ししたいと思います。

台風などの自然災害の後は屋根に異常がないか確認をしましょう。
屋根の点検は街の屋根やさん名古屋東店にお任せください
瓦屋根の点検
まずは瓦に割れが無いかを確認します。

瓦は強い衝撃が加わると割れてしまう事があります。
台風などで飛来物によって割れてしまう事もあるので自然災害後は注意が必要です。

瓦が割れてしまうと瓦の裏側へと水が廻ってしまい二次防水である防水シートに浸水します。

そのまま放置しておくと防水シートが劣化してしまい雨漏りの原因ともなるので注意が必要です。


瓦屋根の点検
また瓦に浮きやズレが無いかも確認します。

瓦に割れが無くても注意が必要です。
浮きやズレがある場合は隙間が大きくあいて雨が入りやすくなります。

築年数の経過している屋根の場合、今の瓦の様に釘で固定しているわけでは無いので
風の影響により瓦がめくれあがってしまう事があります。
瓦屋根の点検
また屋根の頂点に積んである棟部分のズレや歪みの有無も確認します。

こちらもずれると雨が入りやすいので注意ポイントです。

瓦屋根の点検
棟の下の漆喰も確認します。

漆喰は定期的なメンテナンスが必要です。
(理想は15年毎に)


瓦屋根の点検
漆喰に劣化や剥がれがあるかを確認します。

こちらの家の場合は漆喰の剥がれが進行していました。

瓦屋根の点検
もう1つ気になったのが棟に積んである瓦です。
一番下の指で指してある瓦です。

瓦の継ぎ目部分には隙間が空いているのですが漆喰のラインが瓦の真ん中あたりに来ていました。

継ぎ目の奥の方に入った雨は漆喰よりも奥に入っていってしまい水が抜けていく方法がありません。
この場合は瓦をもう一枚積んで雨が入らないようにするか
漆喰のラインを奥へと下げるかの対策が必要となります。

今回の点検では桟瓦には特に問題ありませんでしたが棟部分に雨の入りやすいポイントがありました。

ですのでお客様には雨が入らいない様に棟を一度積み直す工事を提案させて頂きました。

調査見積りは無料です。お気軽にお申し付けください。

お問い合わせお待ちしております~~~~~~~



同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

弥富市で外壁・屋根シリコン塗装を行いました

むらせ邸 施工前
むらせ邸 施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
水性セラミシリコン
築年数
築25年
建坪
20坪
保証
5年保証
工事費用
130万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根の塗装

一宮市で退色と錆が発生して経年劣化が進んだ折半屋根を見てきました。折半屋根は金属製なので良い状態を維持する為に定期的なメンテナンス(塗装)が必要となります。今回は見積りも兼ねた現地調査をしてきました。

雨樋の詰まり

北名古屋市で雨漏りの点検をしました。雨漏りの原因を調査した結果、雨樋の詰まりによるものだと判明しました。家の周囲に高い木々がある場合は枯れ葉などによって雨樋の詰まりを引き起こす場合があります。その場合は定期的な雨樋の掃除が必要です。今回の雨...........

モニエル瓦 ホームステッド

一宮市で屋根の点検をしました。屋根にはモニエル瓦のホームステッドという商品が使用されていました。モニエル瓦は現在生産をされていない屋根材です。在庫も手に入らない状態となるので屋根材が割れてしまうと補修が困難となります。ではモニエル瓦の場合の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687