オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

結露のしくみ 窓も壁も屋根裏も⁉


0bc065eb7ccdee83adac955a8326b769-simple
冬の悩みの一つ。結露について調べてみました。

結露が起きる原因は『内外温度差』と湿気が露点温度になった時に結露するそうです。
空気は暖かいほど水蒸気をたくさん含むことができます。逆に、冷たいと水蒸気を含むことができる量が少なくなってしまう。そして、空気中に入りきらなくなってしまった水蒸気が水滴となります。この水滴が【結露】なのです。
8e64d14f9f6d76263ccdde048abc2f37
部屋に関しては、時々窓を開けて換気をして、水蒸気を多く含んだ空気を部屋の外に出してやることが効果的だそうです。寒い冬にせっかく暖まったお部屋の窓を開けるのは私的には大変勇気がいりますこの他に結露は常に動いている空気に触れていることで防げる場合があるということも見つけました。
c65f2867c244ec6633d73a9b6d09cb16
さて、この結露。普段居るお部屋だけで起きているのではなさそうなのです。見えにくいところ。屋根裏でも起きる可能性があるようです
屋根は内側から野地板・防水紙・屋根材と密着した作りになっています。屋根材の内側(小屋裏・屋根裏)と外側の温度差が多いと内部に結露が発生する恐れがあるということなのです。結露がひどくなってしまうと、家の内部が傷んでしまう事もあるようです。生活スペースであれば窓を開けて換気をすることができるのですが、小屋裏・屋根裏はどうするのでしょうか?
31f4985e77e25995f7de5fb7fb9a2beb
屋根と壁の合わさり部分で屋根が少し出ているお家であれば、軒裏天井(のきうらてんじょう)と呼ばれる場所に穴の開いた部分(有孔板)があったり、屋根頂点付近外壁にスリットの入った飾りや穴のような部分があったりしますが、これが小屋裏・屋根裏部分の空気を対流させて熱気や湿気を逃す働きをするそうです。オシャレなうえに機能も兼ね備えているんですねこの他に屋根のてっぺん部分の棟板金に換気装置が付いたものを設置している場合もあります。

屋根の形や屋根材の種類によって方法は異なると思いますが、小屋裏の換気をすることで結露になりにくい環境作りはされている!お家の設計は色々なところに沢山の工夫がされていますね!

今、小屋裏の結露や換気が気になった方・気になっている方は『街の屋根やさん名古屋東店』へお気軽にご相談くださいね
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687