オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名東区で雨漏れ修繕/直ぐにお伺いします


天井雨漏れ
6月といえば、そろそろ雨の多い梅雨の時期に入ってきますね。
この時期は、雨漏れ修繕のご依頼をいただくことが多くなりますが、雨漏れ修繕工事は雨が降っていると工事できません。
雨漏れがしてくる前に、雨漏れの要因となる箇所はないか、しっかりとチェックしておきましょう。


□天井や内壁にシミやカビがないか。
□室内や押入れがカビ臭くないか。
□雨の日に屋根から音がする。
□窓廻りにシミがないか。
□雨樋から雨水が溢れていないか。
□1階の屋根の瓦が割れていたりズレていないか(2階の窓から確認)
□軒天(壁から外側に出ている屋根の裏の部分)にシミがないか。
□屋根裏に点検口がある方は、雨降りの日に覗いてみましょう。

屋根上に登る事は素人さんでは危険です。
ひとつでも心当たりがある方は専門家に診てもらいましょう!
調査費用は?
調査見積は無料です
調査時間は?
状況にもよりますが、1時間程度です
問い合わせしたら直ぐに調査してもらえますか
状況にもよりますが、その日中にお伺いできるよう心がけています
誰が診に来てくれますか
屋根専門のスタッフがお伺いいたします
鈴木
リフォーム課 鈴木勇人
経験年数 18年
金子
リフォーム課 金子幸雄

天野
リフォーム課 天野信
営業担当者について
しっかりと調査してもらい、写真付きの診断報告書を提出してもらったので、分かりやすく、納得して工事の依頼をすることができました
工事職人について
工事の進捗状況を説明してくれて、安心して任せることができました
仕上がりについて
最後の掃除までしっかりと行ってもらい、満足しています
お客様より一言
雨漏れがして困っていたところ、ホームページで街の屋根やさんを見つけました。直ぐに対応してもらえて、雨漏れも止まったので、非常に満足しています。ありがとうございました。
谷板金穴開き
谷板金は雨漏れしやすい箇所です。20年以上前の屋根には銅板の谷板が使われていることが主流でした。銅板の欠点としては20年程経過すると、酸性雨の影響で穴が開くことがあります。穴が開いた部分から雨水が入り込み、雨漏れの要因になる事例が多くみられます。
谷板金
谷板金とは・・・
屋根には山と谷があります。谷の部分(V字型)に雨水が集まり、上から下に雨が流れ、雨樋に入ります。
昔は銅板が主流でしたが、現在はガルバリウム鋼板やステンレス製の谷板金が使われることが多いです(長期に渡って穴が開きにくい材質)
谷板金瓦撤去
雨漏れ修繕工事を行うためには谷板金を交換しなければなりません。
谷板金を交換するために周囲の瓦を取り除きます。
古い銅板を取り除き新しくステンレスの谷板を取り付けていきます。
谷板金
最後に瓦を復旧して、掃除をしたら雨漏れ修繕工事の完了です。
梅雨時期や8月頃の台風時期には、雨漏れの依頼が集中します。
雨漏れは見えない箇所の屋根裏や木材を腐食させます。
また、室内の補修工事など更に余分な費用がかかってしまいます。
雨漏れする前に、早期発見、早期修繕を「街の屋根やさん名古屋東店」はお勧め致します。
お問い合わせは0120-969-987です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687