名古屋市で屋根調査|カラーベストの劣化状況


名古屋市にて屋根の調査に行ってきました。

屋根には化粧スレート(カラーベスト)が使用されていました。
このカラーベストはセメントと繊維で出来ており簡単に言いますと

将来的に塗装というメンテナンスが必要となってくる屋根材です。

今回はそのカラーベストの劣化の症状をお伝えしたいと思います
カラーベスト 劣化状況
こちらがカラーベストと呼ばれる屋根材です。

こちらは色あせ(退色)が進行してチョーキングが発生していました。

チョーキングとは、塗膜が紫外線等によって塗料の中の樹脂が劣化してしまい
色を決めている顔料チョークの様な粉状になって表面に現れる事をいいます。

これは外壁などにも見られる症状でして、このチョーキングという現象が起きているという事は
防水性が低下して塗り替えの時期であると言えます。
カラーベスト 劣化状況
カラーベスト 劣化状況
こちらは屋根の面と面が交わる棟という部分です。
棟部分には棟板金と呼ばれるものが使用されており釘で固定されています。

しかし経年によって釘が徐々に浮いてきて隙間から雨水が侵入して中の貫板を腐らせ
最悪の場合は強風により棟板金が飛散してしまします。

塗装をする際は貫板の症状を見極めて腐食していれば新しい物に交換する必要があります。

カラーベスト 劣化状況
カラーベスト 劣化状況
こちらはコケとカビが発生して付着している状態です。

日光が当たりにくい北側や植栽物が近くて多い場所に症状が出やすいです。

コケ・カビは水分を留め込んでしまい屋根材の劣化を進行させてしまいます。
放置しておくと屋根材を痛めて雨漏れの原因になり兼ねますので注意が必要です。

カラーベスト 劣化状況
カラーベスト 劣化状況
こちらはひび割れ及びクラックの写真です。

外部からの衝撃や屋根材の熱収縮や凍害などによって発生します。

こちらも放置しておくと屋根材の劣化が進行していきますので早期の補修が必要です。

カラーベストのメンテナンスの方法ですが

コケやカビはそのままにしておくと塗料の密着力を低下させてしまうので
高圧洗浄にて綺麗に除去する必要があります。

また棟板金は状況に応じて交換をします。
貫板の状況が問題なければ釘を打ち込み塗装をします。

ひび割れやクラック部分は
コーキングによる補修か場合によっては屋根材を差し替える必要があります。


今のお家の屋根の状況はなかなか確認するのが難しいと思います。
弊社では屋根・外壁の無料点検を行っていますので
お気軽にお申し付けください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天の張替え

春日井市で経年によって劣化した軒天の張替え工事を行いました。軒裏天井を略して軒天と呼びます。普段は太陽光などの紫外線があたる部分ではないので屋根や外壁と比べて褪色や劣化はしにくい場所ではあります。しかし巻き上がる風雨や経年によって劣化してき...........

外壁塗装 現地調査

名古屋市守山区で外壁塗装工事のお見積もり調査に行ってきました。見積書を作成するにあたり必ず現地調査が必要となります。外壁の状態によってご提案できる内容が違うからです。工事が始まってから工事内容が変更となり追加工事を出さない為にも必ず現地調査...........

ベランダトップコートの剥がれ

名古屋市名東区でベランダ防水のトップコートの剥がれを見てきました。トップコートは防水層を保護するための保護塗膜の事です。他社さんで外壁塗装工事をされた際にベランダもトップコートを塗られたそうです。しかしわずか1年で剥がれてきてしまい業者に問...........