あま市で屋根漆喰工事が始まりました


屋根漆喰工事
今日からあま市で屋根の漆喰工事が始まりました。

屋根の頂点の部分には棟という部分があります。
瓦が何枚も積まれている部分です。(瓦の種類によって違いますが・・・)

その下に三日月状に漆喰が使われています。
上の写真がそうです。

その漆喰も年数の経過とともに風化が進んで写真の様にボロボロと剥がれてきます。

そうすると棟の歪みにつながり雨漏れの原因にもなりかねないので

漆喰の定期的なメンテナンスが必要となってきます。
屋根漆喰工事
コチラも漆喰です。

漆喰が剥がれて中の土台となる土が露出しています

土が露出した状態ですと風雨によって土が流されて瓦が歪み

歪んだ瓦の隙間から雨が入りやすくなってしまいます。

最低でも15年に一回は漆喰の塗り直しをした方がお家の為には良いと思います。

冬は霜に注意

屋根漆喰工事
タイトルの通りです。

冬は霜に注意

まさに今日作業を開始しようとしたら屋根には霜が降りていました
屋根漆喰工事
拡大すると・・・・。

氷が張っています

屋根漆喰工事
棟の瓦にも・・・✖

これでは滑って屋根に上がれません・・・
特に北側の日の当たらない部分が全面霜が降りていました

冬は霜が降りて作業時間が短くなってしまう事があります。

無理に作業して怪我でもしたら大変なのでここは我慢して待機・・・
屋根漆喰工事
やっと日が出てきて南側の霜がなくなったのでそちら側から作業を進めていきます。

安全に作業が出来る様に道板もこの様にセットします。

これで屋根の工事が出来ます。

また次回漆喰工事の様子をお伝えしていきたいと思います

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

長久手市で漆喰の塗り直し工事をしたお客様宅にアフター点検をしてきました。前回工事をしてから3年が経過しました。お客様の方では特に気になる事はないそうですが、念の為に点検をしました。

屋根漆喰工事 棟下漆喰

先日からあま市で行っている屋根の漆喰工事の様子です。このところ寒さが続き屋根の上に霜が降りて思う様に作業が捗りません。。。冬ならではですが、日が照らないと寒さが身に染みますね。所で漆喰工事をしていますが漆喰の役割って知っていますか?大きくわ...........

漆喰 剥がれ 雨漏り

今回は東海市で漆喰の補修工事を行ってきました。瓦屋根のほとんどがこの漆喰を使用しています。漆喰の劣化状態は主に「剥離」です。漆喰の中は土が入っています。ですので漆喰に剥離があると雨水等をどんどん吸い込んでしまいます。そして吸い込んだ水が下に...........