土葺き工法|瓦|尾張旭市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

土葺き工法
土葺き工法とは野地の上に下葺き材を張り、その上に適量の葺き土を用いて瓦を葺く工法で、従来は防火や自然の通気性・断熱性を持った屋根構造としたり、野地むらを葺き土により修正しガタツキをなくすことで美しい屋根を葺くことなどを目的としていました。
この工法の長所と短所には次のようなことが考えられます。
①野地むらの修正がしやすく、瓦のガタツキをなくすことができる。
②多少の寒暖の調整がなされる。
③瓦のねじれの調整ができ、瓦の落着きをよくすることができる。
④少量の雨水の浸入であれば、葺き土がその水分を保有して雨漏りを起こしにくい。
①瓦の吸収量を増加させる恐れがある。
②荷重が過大であると建築構造体に負担をかけることがある。
③葺き土が風化すると、瓦のずり下がりの原因となることがある。
④雨水の浸透がある場合、野地板や桟木等を蒸れさせる原因となる恐れがある。
⑤寒冷地では、瓦の凍害を起こさせる原因となる恐れがある。
⑥割付けが甘いとずり下がりの原因となる。
以上のような長所、短所があるが、良質の葺き土で良質の瓦を葺けば、美しくガタツキのない屋根の施工ができます。
しかし、現在は地震等により屋根材に多くの被害が発生し、その対策として引っ掛け桟葺き工法が一般的に行われるようになってきています。

屋根のことなら、街の屋根やさん名古屋東店にお任せください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ROOGA 雅 葺き替え

今回は名古屋市名東区で屋根の葺き替え工事を行ってきました。葺き替え工事とは・・・古い屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく工事です。屋根工事の種類

ガルバリウム鋼板 防水シート 葺き替え

今回は名古屋市中区でセメント瓦からガルバリウム鋼板の金属屋根へ葺き替え工事を行ってきました。葺き替え工事とは古い屋根材を撤去し下地を新設し新しい屋根材にする工事です。そしてガルバリウム鋼板とは昔のトタンに似たものですがトタンに比べかなり耐久...........

役物取り付け

北名古屋市の葺き替え工事の現場です。屋根の葺き替え工事ですがこれまでの工事の流れは①足場の組み立て②既存の屋根材の撤去③清掃④下地工事⑤防水シート張り⑥役物取り付け     ←今はここ⑦本体の屋根葺き工事今は黄色の所まで済んでいます