オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東浦町へ瓦屋根と外壁の点検・調査に行ってきました


今回は東浦町で瓦屋根の点検依頼です。過去に雨漏れもあったとのことで心配な部分もあるようです。今は止まっている雨漏れでも補修内容によってはいつ再発するかわかりません。その部分も含めてしっかり点検をしようと思います。
瓦屋根
現地に到着してお客様とヒアリングを済ませて早速点検を始めました。屋根の上ですぐに過去の雨漏れがあったと思われる個所がわかりました。写真でもわかるように棟があり、手前側から白い筋が見えます。これは過去に施工したコーキング材でした。今は劣化が進んでおり取れてしまっている個所もありました。
瓦屋根
棟部分を近くで見ると隙間すべてにコーキングがあります。しかし劣化もあり切れている個所もあります。
瓦屋根
この写真は下に向かっている隅棟です。寄棟の屋根なので他に3本の隅棟があります。しかしこの棟だけコーキングが施工してありました。
さて、やはりこの棟部分のコーキング施工が気になりました。和形の瓦屋根にはラバーロックという土葺きの瓦がズレたり滑落しないようコーキングで固定する工事があります。棟部分にもたまに見かけますが部分的にコーキング施工するので隙間は空いています。今回の点検箇所ではすべての瓦をコーキングで隙間なく固定してありました。一時は雨漏れも止まり、これまで安心できたと思います。現在も雨漏れは無いようなのですが、瓦を見ると私たちは補修をお勧めします。と、いうのは万が一また雨水が入ってしまったら隙間がないので雨水の逃げ道がないのです。棟の中には土が込められており垂木や外側に漆喰もあります。外へ出られない水は・・・やはり中へ入っていってしまいます。構造的に、また物理的にそうなっていく事が考えられますが、私たちは工事を推すのではなく、アドバイスや提案として聞いて頂き、決定はお施主様にして頂いています。
瓦屋根
過去の漆喰の上からコーキング施工がありました。この状態ですといざ不具合があったとしても確認が困難になってしまうことがあります。
瓦屋根
隅棟をよく見るとコーキングに隙間があります(写真中央やや左)。上から流れてくる雨水は下へ流れる途中でこの小さな隙間にも入っていきます。
ここまでの屋根点検で分かるように屋根からの雨漏れがあった経験のある方はもしかすると同様の施工をされているかもしれません。適切なラバー工法であれば大丈夫ですが屋根の上のことなので分からない方もおられるかもしれません。今回は雨漏れの心配を払拭することを優先に考えて棟交換をご提案しました。寄棟の雨漏れ要因となるのはこういったコーキング施工だけではなく瓦の葺き方や積み方でも起こり得ます。ご自宅の屋根が心配な方はお気軽にお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCN7147

今回は長久手市で雨漏りがしてしまっているというご依頼を受けお伺いした所、瓦屋根の棟という部位が原因だった為棟瓦の積み直し工事を行ってきました。積み直し工事とは既存の積んである棟瓦を一度撤去し土、漆喰を新しくしもう一度瓦を積み直す工事です。そ...........

S瓦 棟の補修工事

天白区の棟瓦の漆喰工事が完了しました。屋根材が瓦の場合は漆喰工事が必要となる事があります。快適な生活をする為にも定期的なメンテナンスをしてお家の寿命を延ばしてあげましょう。屋根外壁工事の事なら街の屋根やさん名古屋東店にお任せください!

S瓦 棟の補修工事

天白区で雨漏りや屋根工事は街の屋根やさんにご相談ください。今お住まいの家で雨漏りや天井に雨染みはありませんか?そんな場合の屋根工事は街の屋根やさんお任せください。雨漏りは原因を特定するのが非常に困難です。雨漏りの原因はかならずしも1つではな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687