瓦屋根の点検|ラバーロック工法に注意|扶桑町


扶桑町で屋根の点検を行いました。
屋根には瓦が使用されていました。

昔雨漏れがあったそうで、補修をしてもらってからは雨漏れが止まったそうです。

さっそく点検の様子にいってみましょう!
瓦屋根の点検 ラバーロック工法
こちらが屋根の様子です。

瓦は陶器瓦のハイシルバーが使用されていました。
瓦自体に浮きやズレ、割れ等はなく凍害による瓦の劣化もありませんでした。

漆喰も以前工事をされてから5年程しか経過していない様で漆喰の剥がれ等もなく問題はありませんでした。
瓦屋根の点検 ラバーロック工法
下の屋根を点検していると瓦にラバーロック工法がされていました。

ラバーロック工法とは瓦と瓦をコーキング材にて緊結する方法の事です。

瓦が全てつながった状態になるので
瓦のズレ防止になり地震に強くなると言われ一時期、この工法が普及しました。
また瓦の隙間を埋める事によって雨漏れもしなくなるという噂も広がって
ラバーロック工法が各地に広がるようになりました。

瓦屋根の点検 ラバーロック工法
この様にコーキング材がしっかりと充填されています。

しかし!!!

ラバーロック工法は正直おすすめではありません。

瓦の歪みやズレの防止に関しては瓦と瓦をくっつけているので多少効果はあると思います。

しかし地震や強風が起きた時、瓦の面で持ち上がったりずれたりしてしまうのであまり効果はありません。

また瓦の隙間を全て埋めるというのも、本来であれば隙間から雨水が排出される所から
排出されずに中で雨水が滞留してしまうのでかえって雨漏れを引き起こしかねません。


ラバーロック工法もやり方を間違えるとマイナスな工事になってしまうので
屋根を専門としている会社に一度相談してみると良いかもしれません。

瓦屋根の点検 ラバーロック工法
ラバーロック工法は訪問業者さんが良くやる工事の内容です。

『雨漏れするからしないとまずいですよ』

そんなことを言ってお客さんを不安にさせて工事をしようとする業者さんも未だにいます。

全てが悪い業者、全てが悪い工事ではありませんが

不安や心配事がありましたら一度街の屋根やさんに相談してみてください。

ご連絡をお待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........