カラーベストやコロニアルは定期的に塗装をしましょう。一宮市の屋根点検


一宮市で屋根の点検を行いました。

点検した家の屋根にはスレートが使われていました。
カラーベストやコロニアルとも呼ぶことがありますが、それはあくまで商品の名前です。

カラーベストやコロニアルは定期的に塗装をすることで寿命を長くすることが出来ます。


スレート カラーベスト コロニアル
こちらがカラーベスト(コロニアル・スレート:以下 カラーベスト)です

カラーベストはセメントと繊維で出来ており塗料で着色した屋根材です。
大きさは写真の通りで横幅が約90cmで縦が約18㎝です。
これが屋根の軒先側から順番に葺かれていっております。

他の屋根材(陶器瓦)に比べて軽量で施工がしやすく、多くの屋根に使用されています。

しかし瓦と比べてカラーベストの場合、材料がセメントと繊維出来ているので
そのものには防水性はありません。ですので表面の塗装が劣化してくると防水性は年々と低下していきます。


スレート カラーベスト コロニアル
経年的な劣化が進行すると退色が進行していき
防水性が失われていきます。

上の写真はコケやカビが生えている状況です。
日の当たりにくい北側で起こりやすく

スレート カラーベスト コロニアル
コケやカビなどが発生すると
屋根面が湿潤状態となり
屋根の劣化を進行させてしまいます。

スレート カラーベスト コロニアル
大きなコケが発生していました。

水の流れも悪くしてしまいます
スレート カラーベスト コロニアル
屋根材が劣化するとカラーベスト自体も割れやすくなるので注意が必要です。

割れ自体は新しいカラーベストと差し替えることが出来るのですが、全体的に劣化していると葺き替え工事もしくはカバー工法が必要となります。
スレート カラーベスト コロニアル
割れているカラーベストです

軽微なものであればコーキングでの補修も可能ですが
クラックの幅が大きいと差し替えが必要です
スレート カラーベスト コロニアル
屋根の棟部分に使用されている棟板金です。

サビが発生しており棟板金の固定力も低下して
パカパカと浮いている部分もありました。

棟板金が劣化している場合は塗装ではなく、棟板金を新たに交換する必要があります。
カラーベストやコロニアルは定期的なメンテナンスが必要です

新築から10年が経過しているのであればメンテナンスの時期に来ています。

はやめにメンテナンスをすることで屋根材自体の劣化を防ぎ寿命を長くすることが出来ます。

屋根の事なら街の屋根やさんにご相談ください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アスファルトシングル屋根 特徴とメンテナンス方法

名古屋市中区でアスファルトシングルの屋根点検をしました。アスファルトシングル屋根の特徴とメンテナンスについて今回はお話をしたいと思います。アスファルトシングルはアメリカの住宅の80%で使用されているといいます。表面に粒状彩色石のグラデーショ...........

外壁塗装 目地の劣化状況

守山区で外壁塗装工事を検討されている方からご質問を頂きました。築年数は10年を経過しているのでそろそろ塗装を検討をしてはいるが目地のシーリングはまだ大丈夫そうとの事。しかし塗装と一緒にした方が良いのか判断がつかないのでご連絡いただきました。...........

化粧スレート屋根の修理

スレート屋根の修理は塗装工事か葺き替え工事かカバー工法工事かどれが一番いいんでしょうか?名古屋市西区で屋根の点検をした際にお客様からご質問を頂きました。しかし答えは簡単に出すことは出来ません。それはお客様の今後の家の使い方や、ライフスタイル...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687