一宮市で輸入住宅の屋根・外壁の点検に行ってきました


輸入住宅点検
一宮市にある輸入住宅での点検です。屋根はセメント瓦、外壁はサイディングの造りです。過去の塗装工事の際は屋根塗装は実施しなかったようです。しかしこのようなセメント瓦も褪色するので塗装が必要になってきます。
輸入住宅点検
屋根の各部を見てもわかるように塗膜がほとんどない為カビが多く目立ちます。セメント瓦は現在生産数も少なく、割れたりすると交換品がない場合もあります。
輸入住宅点検
屋根塗膜のカビです。凹凸のあるセメント瓦の表面にびっしりと発生していました。
輸入住宅点検
そしてまさかと思いましたがやはり割れている瓦が一か所ありました。応急的に板金の平板を差し込み、コーキングで塗り固めてありました。施工としては間違っておらず何とか今は雨水が入らないようになっています。
輸入住宅点検
破風板の塗膜も劣化が進みチョーキングが発生しています。塗膜のクラックも各所にあり、年数なりの劣化状態が多く見受けれられました。
輸入住宅点検
外壁も同様にチョーキングが色濃く発生しています。サイディング自体が塗膜が無くなると水を吸い易くなってしまうので割れや反りの原因ともなることがあります。
輸入住宅点検
各部シーリングの状態も良いものではありませんでした。シーリングが劣化して痩せてしまい取れています。角部分の材料もサイディングと同質なので水が当たると脆くなってきます。
輸入住宅点検
外壁化粧板の割れもありました。やはり雨水の影響や、釘打ち、或いは生活の揺れなど原因は様々ですがいずれにしても修繕は必要です。
ご紹介したのは主な劣化部位と状態でしたが、細かく見ていくとまだ目に留まる劣化が多くありました。屋根と外壁の塗装工事では足場を組みますので足場を組んで触れる箇所の劣化は全て直したのちに塗装をする事が好ましいです。放っておいても良くなるどころか悪くなる一方なので診断の結果を知って頂いて必要なリフォーム方法の打ち合わせを今後行っていくようになります。今回屋根瓦が割れていましたが同じ材料が見つかるか、見つからなければどのように修繕を行うかなど屋根以外の部分でもしっかり考えてご提案をします。塗装工事・防水工事などお考えの方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。点検・お見積もりは無料で行っております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

一宮市で洋瓦の軒先部分にある雀口の漆喰が劣化して剥がれていました。同じように漆喰を塗る事も可能なのですが、漆喰だと同じように劣化して剥がれてきてしまうのでより長持ちしメンテナンスが楽になるように面戸板金を取り付けることにしました。瓦屋根の方...........

棟瓦の補修工事

名古屋市熱田区で屋根瓦のビス浮きの補修をしてきました。築年数があまり経過していないお家の屋根の簡易メンテナンス工事です。平板瓦の棟に使われている棟瓦は上から釘やビスで固定をされています。しかし年数の経過と共にその釘やビスが浮き上がってくる事...........

凍て瓦の差し替え

名古屋市中川区で凍てて劣化した瓦を新しい瓦へと差し替えをしました。写真の瓦は塩焼瓦といって今はもう生産をしていません。ですので差し替えといっても同じ瓦で差し替えは出来ませんでした。しかしなるべく目立たないように同じ色味の瓦を探して差し替えを...........