岩倉市で瓦屋根から雨漏れ被害。現地調査へ行ってきました。


瓦屋根雨漏れ
岩倉市の雨漏れ被害調査です。すでに被害が進行中で少しでも雨量が多いとに水が漏れてくるとの事です。現地で屋根に上がってみると、何やら屋根面に違和感が。瓦が波打っている箇所が多く目立ちました。これは屋根葺きの時から起こっているものと思われます。築年数はおよそ60年近く。当時の瓦の個体差もあると思いますが、瓦同士がかち合ってしまい重なりが多く出てしまっています。
瓦屋根雨漏れ
瓦の割れも確認しました。棟の真下の一枚ですが雨水が入るような割れ方をしています。ここで厄介なのが「棟の下」という事です。何もない場所なら差し替えが可能ですが今回の場合は棟を一部解体しないと差し替えができません。
瓦屋根雨漏れ
割れ以外にも棟の歪みとズレ箇所が多く目立ちます。経年で棟もダメージを受け、棟の動きにより瓦も割れてしまったと思われます。どちらにしてもこの状態はまずいので今日は応急処置をします。
瓦屋根雨漏れ
切妻屋根で袖の部分の瓦にも不具合が見受けられます。ちょっとずれ方が大きいので滑落しないか心配です。また、ズレの為隙間が大きく開いています。
瓦屋根雨漏れ
その袖部分の隙間です。上から流れてくる雨水、風を伴って吹き込んでしまう雨で下地を痛めてしまい雨漏れします。割れた瓦の箇所からはほぼダイレクトですが、このような隙間からは溜まりこんだ水が一気に落ちてくるケースがあります。
瓦屋根雨漏れ
袖部分は屋根面で4か所にあります。それぞれで多数このようなずれや浮きが見られました。箇所が多く、その場では復旧できない為、相談の上後日施工しなければなりません。
瓦屋根雨漏れ
桟瓦の状態も「波打っている」と言いましたが、このように浮いている箇所がやはり多数あります。下地が経年で悪くなってしまった、瓦の葺き方等々ありますが、雨の吹き込みは防げません。手の甲まで入るような大きさの隙間もいくつもあったので全体的なメンテナンスが必要になるかもしれません。
築年数が経っていても問題ない屋根もあれば問題が解消しない屋根もあります。日本瓦については漆喰のメンテナンスをはじめ、瓦の状態(ヒビ、割れ確認)や釘やビス止め箇所のチェックを定期的にしなければなりません。状態によって急を要するのかそうでないのかの判断もお住まいの方ではまずはっきりわかりません。当社では点検・見積りは無料で行っております。瓦屋根に限らず、どんな素材の屋根でも点検は可能です。お困りの方やメンテナンスをお考えの方は是非一度お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........

台風被害 瓦のめくれ

名古屋市熱田区で台風被害による雨漏れ養生をしてきました。少し前の現場でしたが工事でばたばたしており投稿が遅くなってしまいました。(すみません)上の写真の様に赤い丸で囲われた部分の瓦が3枚ほど飛ばされていました。下からは屋根の状態が確認しづら...........

屋根瓦 台風被害 棟交換工事 人工木

今回は瓦屋根の棟を交換する工事を行ってきました。元々台風によって瓦が飛んでしまいご依頼いただきました。瓦自体は塗装等のメンテナンスは必要ないので半永久的にもちますが瓦が割れてしまった今回のような棟が飛んでしまった等の時は部分的に補修ができま...........