オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市北区で退色したカラーベスト(スレート)屋根の塗装工事中です


名古屋市の北区で塗装工事を行っています。

今回塗装する場所はお家の屋根の部分です。
屋根は常に紫外線や雨風の影響を受けており大変過酷な環境下に晒されています。

そしてその屋根に使われている屋根材というのがカラーベストという屋根材です。

カラーベストは商品名で本来は化粧スレート屋根材と言います。
しかし商品の名前であるカラーベストの流通量が物凄く多いので
カラーベストという言葉の方が使われることが多くなりました。

カラーベスト以外にもコロニアルと呼ばれることがあります。
どれもセメントと繊維を主とした屋根材です。

カラーベスト 塗装
カラーベスト 塗装
こちらがカラーベスト屋根材です。

先程も言いましたがカラーベストはセメントと繊維が原料で作られています。
年数の経過とともに色あせが進み、表面の塗膜が弱くなるとコケやカビが発生しやすくなります。


防水性の低下や反りや浮きが起きると雨漏れの原因にもなるので
新築の場合は10年程経過したらメンテナンスをするのが望ましいです。
カラーベスト 塗装
カラーベスト 塗装
屋根の塗装工事最中の様子です。

カラーベスト屋根の塗装工事の手順としてはまず屋根の汚れを落とす高圧洗浄を行います。

そうしてから接着剤の役割と下地処理の機能を持つ下塗りをします。

そこから仕上げの色となる上塗りを2回塗る計3回塗りをしていきます。

本日は下塗りを行いました。


下塗りを省いて上塗りだけ塗って場合、
塗った当初は綺麗ですが塗膜の密着力が悪く

数年で剥がれてきてしまう恐れがあります。


ですので塗装工事では最低でも3回塗りが基本となります。

下地の状態が悪い場合は下塗りの回数を2回3回と増やすことがありますが、
塗装工程数を3回塗りから減らすことはありません。
※塗る場所や塗料によって2回塗りの場合もありますが・・・。

屋根塗装工事をすることで紫外線からの劣化を防ぎ防水機能を戻してあげます。

色褪せが目立ってきたり、コケやカビが出てきたら屋根の塗装を検討してみましょう!


また次回はつぎの工程のお話をしていきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

弥富市で外壁・屋根シリコン塗装を行いました

むらせ邸 施工前
むらせ邸 施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
水性セラミシリコン
築年数
築25年
建坪
20坪
保証
5年保証
工事費用
130万円
施工事例

名古屋市南区でカラーベスト塗装工事|タスペーサー使用(縁切り)

屋根スレート塗装工事
屋根スレート塗装工事
工事内容
屋根塗装
使用素材
SK化研 クールタイト
築年数
20年
建坪
塗装面積 91㎡ 
保証
工事費用
約32万円
施工事例

高浜市で屋根外壁塗装工事|塗装色を変えてイメージを一新!

屋根外壁塗装 施工前
屋根外壁塗装 施工後
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
水性セラミシリコン SK化研
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高圧洗浄 セメント瓦

愛西市の屋根塗装工事の現場からです。こちらの家の屋根には今はもう生産されていないセメント瓦が使用されていました。セメント瓦は陶器瓦と見た目も重量も似ています。しかしセメント瓦に関しては表面の塗装を定期的に行う必要があります。一般的な塗装工事...........

シリコン塗料 仕様前の状態

名古屋市北区で屋根外壁の塗装工事をしています。屋根にはセメントと繊維で出来た化粧スレート(カラーベスト)が葺かれており外壁には屋根と似た材質のサイディングが張られていました。どちらも年数が経過すると退色が進み、塗装が必要となります。目安とし...........

塗装工事 タイトル

名古屋市北区で外壁塗装工事をしています。今回の工事では屋根の化粧スレート(カラーベスト)と外壁のサイディングの塗装をします。今日のブログでは塗装をする前に脆弱な塗膜と外壁の汚れを落とす為に高圧洗浄その後外壁がサイディングなのでサッシ廻りなど...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687