名古屋市北区で屋根瓦の補修工事|原因は釘の留め忘れでしょうか?


瓦のズレ補修 洋瓦
名古屋市北区で屋根の補修工事をしてきました。

きっかけは瓦がずれているから見てほしいとの事でした。
台風によってズレが生じたそうですがなかなか気が付くのに時間がかかったそうです。

さっそく屋根に上がってみたところ・・・

上の写真が実際の写真です

屋根の頂点部分に使われている棟瓦が飛ばされて無くなっていました。

幸いにも予備瓦があったのでそれを今回は使用しました。
瓦のズレ補修 洋瓦
瓦のズレ補修 洋瓦
その前にどうしてこうなったのか原因を探ってみました。


屋根の下地の状態を見てみると・・・


あれ・・・?

特に下地となる気が腐っているような感じはありません。

台風などの強風によって瓦がずれたりする時に多いのが下地の劣化や腐食です。


劣化や腐食が起こることによって瓦を止付けてある釘が効いていない状態となりズレが生じるのです。

しかし今回はそんな事もありません。

しかもよく見てみると、木の下地部分に釘を打ち付けた形跡もありません・・・

てことは。。。?

元からこの瓦はなにも固定をされていなかった可能性があります
瓦のズレ補修 洋瓦
原因の分かったところで、最後は止水効果もあるパッキン付きビスで固定をして完了です。

元からという事は新築時に単純な施工の忘れの可能性がありますが

なによりも大きな被害が無かったので一安心です。

屋根の状態は様々です。

調査見積もりは無料ですので気になる方は街の屋根やさん名古屋東店までお問い合わせください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

一宮市で洋瓦の軒先部分にある雀口の漆喰が劣化して剥がれていました。同じように漆喰を塗る事も可能なのですが、漆喰だと同じように劣化して剥がれてきてしまうのでより長持ちしメンテナンスが楽になるように面戸板金を取り付けることにしました。瓦屋根の方...........

棟瓦の補修工事

名古屋市熱田区で屋根瓦のビス浮きの補修をしてきました。築年数があまり経過していないお家の屋根の簡易メンテナンス工事です。平板瓦の棟に使われている棟瓦は上から釘やビスで固定をされています。しかし年数の経過と共にその釘やビスが浮き上がってくる事...........

凍て瓦の差し替え

名古屋市中川区で凍てて劣化した瓦を新しい瓦へと差し替えをしました。写真の瓦は塩焼瓦といって今はもう生産をしていません。ですので差し替えといっても同じ瓦で差し替えは出来ませんでした。しかしなるべく目立たないように同じ色味の瓦を探して差し替えを...........