オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

北名古屋市で台風でずれたS形瓦の棟取り直し工事をしています


北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。
経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。

釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。
棟取り直し工事
こちらが台風通後の様子です

養生をしてしまった後の写真しか残っていなくてすみません・・・。
青色のシートのかかっている部分の瓦が2枚程飛ばされてしまいました。
棟取り直し工事
工事に入っていきます。
棟の取り直し工事なので今ある棟を一度解体をします。

瓦の上に打ってある釘を抜いて瓦を外します
棟取り直し工事
瓦を外すとこんな感じです。

漆喰と葺き土が出てきました。
この漆喰と土も撤去していきます。

棟取り直し工事
漆喰と土の撤去はなかなか大変です

こまかな土もなるべく取り除いていきます。

撤去後がこちらです。
本日の作業はここまで終わりました。

次回の作業は
・下地の取付
・なんばん漆喰塗り
・棟瓦復旧

となります。

今回の工事は台風によって瓦が飛ばされてしまいました。
ですので火災保険を使用しての工事となります。

火災保険では風災というものが入っていると思います。

この風災は台風被害も該当しますので火災保険に加入しており台風被害に遭われたという方は

是非一度街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の漆喰劣化

小牧市の屋根工事の様子をお伝えしたいと思います。先日屋根の調査に行きました。屋根には陶器瓦が使用されていました。瓦の場合は他の屋根材と違い表面の塗装をする必要はありません。しかし状態によっては棟部分の漆喰やその他のメンテナンスが必要となりま...........

強力棟の取り付け

先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。屋根や外壁にはたくさん...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687