古くなった漆喰を補修!綺麗に完成!名東区


今回は劣化し古くなった漆喰補修工事を
名古屋市名東区で行ってきました。

漆喰は年数が経ってくると劣化し剥がれ
ボロボロと落ちてきてしまいます。

メンテナンスの目安は10年です!

漆喰のメンテナンスをする際
気を付けるポイントは・・・・

古い物を撤去し新しい物を塗っているかどうかです

古い物の上から塗っても完成は綺麗に仕上がりますが
前のものが剥がれてきたら新しく塗ったものまで
一緒に剥がれてきてしまうのであまり意味がありません。

ですので漆喰をメンテナンスする時は
古い物を撤去した後に新しい物を塗っていきましょう!!!!
漆喰 補修 
漆喰 補修 
施工後のお写真です!!!

施工前は劣化しひび割れていたり
ボロボロと落ちてきている部分がありましたが
施工してここまで綺麗に仕上がりました。

そしてもちろん古い物は撤去し
新しい物を塗っていきましたので
古い物は残っていないのでそこから剥がれてくる心配もありません。

漆喰をただ塗るだけでしたら素人でも
ホームセンターで材料だけ買ってきて塗ることは出来ます。

ですがここまで綺麗に仕上げようと思うと
長年の経験と知識が必要になってきます。

お金を払う事ですのでしっかりとした会社に
施工してもらうのが一番です!!!
漆喰 補修 
漆喰 補修 
鬼瓦や棟違いの部分はコーキングで施工しました。

棟下は漆喰の中に土が入っているので
コーキングでの施工はできませんが
鬼瓦は漆喰よりも若干持ちのいいコーキングで
施工することをお勧めします。

この様な屋根工事も街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市名東区で台風で飛散してしまったカラーベスト屋根の棟鈑金の交換工事をしました

20180910-15_180915_0009
1e2bc160c731065547d09677c3a71a7a
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟鈑金(ガルバリウム鋼板)人工笠木
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
工事費用
22万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0022

名古屋市守山区で棟の漆喰工事と谷の差し替え工事が始まりました。

漆喰工事 瓦屋根

津島市で瓦屋根に使用されている漆喰の補修工事をしました。瓦屋根では多くの場合、棟と呼ばれる部分に漆喰が使われています。湿式工法とも言いますが、最近では乾式工法という漆喰を使用しない方法もあります。

漆喰

今回は日進市で漆喰の工事を行ってきました。漆喰とはどこに使われているかご存知ですか???瓦屋根の場合壁際や鬼瓦一番劣化やすいのは屋根の頂上の塗根の下に塗られている場所です。漆喰が劣化し剥がれてくるとその中にある土が水を吸ってしまい吸い込んだ...........