名東区で中樋の交換をしました。


DSCF6851-columns1-overlay
こんにちは、今回の現場は、棟と棟の間に出来た中樋の交換をさせて頂きました。
そんなに深い谷では無いですし、長い谷でも無いので、長い間、問題なく来たのでしょうが、昨今の局所的な集中豪雨には太刀打出来なかった様です。
中樋は、両側からの水が集まる所なので、気を遣う場所でも有るのです。
増築をされたお宅だとよく有る光景ですが、このところの雨の降り方を考えると、この様なおさまりは避けてほしい所です。

DSCF6858-columns2-overlay
谷板を取り除いたじょうたいです。
最初から有った土なのか水の流れが持って来たのでしょうか?
InkedInkedDSCF6859_LI-columns2-overlay
片面の瓦を撤去して、谷板を差し込みます。
取り除いた谷板よりも長いものにしました。
流れが短いので棟もめくらないといけませんでした。
DSCF6862-columns1-overlay
中樋の取り換えが完了致しましたが、すぐ上に棟が有るので、限界があります。
出来る範囲で既存の物よりもおおきく、長い物に致しました。
勿論壊した方の棟も積み直します。
最近の雨を考えると今度から増築をされる方には水の流れを考慮できる建築屋さんにお願いしてほしいです。




屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-969-687
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。


同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市名東区で台風で飛散してしまったカラーベスト屋根の棟鈑金の交換工事をしました

20180910-15_180915_0009
1e2bc160c731065547d09677c3a71a7a
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟鈑金(ガルバリウム鋼板)人工笠木
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
工事費用
22万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。