名古屋市緑区でベランダトップコートの不具合調査


トップコート不具合
緑区にてベランダの床がパリパリ剥がれている、との事で点検依頼を頂き現地へ調査に赴きました。見てみるとごく一般的なFRP防水のベランダです。やはり経年使用の劣化によるであろう不具合が目立っていました。トップコートはいわゆる防水ペンキで乾くと硬化します。重量のあるものを同じ位置においていたり、日々洗濯などで人が歩行する場所ですので塗膜割れや剥離が生じます。
トップコート不具合
目立った部分はこのように完全に塗膜が割れてはがれてしまった不具合です。下地のFRPがむき出しになっています。エアコンの室外機がありますが架台がブロックでした。よく見るプラスチックの架台ではない為、室外機の重量と接地面の粗いコンクリートブロックなのでトップコートも傷ついて塗装面に負荷がかかり割れてしまったものと思われます。
トップコート不具合
FRP防水はベニヤ板にガラス繊維を敷き、塗り固めて乾燥させて下地とします。その下地の上にプライマー(下塗り剤)を塗布してトップコートを施工します。このように割れや剥離が進んでしまうとやはり下地が露出している為、FRP自体が劣化してしまいます。ガラス繊維が傷んでしまうとベニヤ板などはすぐに悪くなってしまうので早めの修繕が好ましいです。
トップコート不具合
室外機下のブロック周辺も不具合の影響が出ています。雨水があたるベランダなので架台となる物をブロックではなく室外機用の架台に変えてトップコートの再施工が必要です。
トップコート不具合
大きな剥離が目立ちますがほかの部分も経年劣化が進んでいます。平らな面でも使用により塗膜が薄くなっていたり、細かなひび割れは起きていました。
施工のやり方としては剥離部分をすべて撤去して密着していない部分は取り除いた後にプライマー+上塗りトップコートを2回塗り、という一般的な仕様でひとまず大丈夫です。その際にサッシ下の立ち上がりやドレン回りの状態も確認して施工します。今回の点検内容の施工は1日~2日で可能で足場もいりません。これから梅雨の時期にかけて気になっている方はお気軽に街の屋根やさん名古屋東店までお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)
施工事例

名古屋市緑区でU瓦の屋根をガルバリウム鋼板の屋根に葺替え

U瓦施工前
縦ひら屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール【マイトモスグリーン】
築年数
約40年
建坪
約25坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........

陸屋根防水雨漏れ

建物は2階建ての陸屋根です。屋上は防水工事をやってある、との事でしたが年々このシミが広がるそうです。現在も板はややたわんでおり、強度が失われてしまっています。