名古屋市緑区でウレタン防水工事を行っています


ウレタン防水
前回までのつづきから工事スタートです。今日は立上がり部分の施工から始めます。平らな床面は前回プライマーを塗って通気緩衝シートを施工しました。立上がり部分は既設のシートをはがしたままになっているので補強メッシュを入れてウレタンを塗布していきます。
ウレタン防水
床面にしてあるシートはある程度厚みがあるので、立上がりまで上げてしまうと角の部分にどうしても隙間ができてしまいます。その為、補強メッシュをすべての立ち上がりに張り付けてウレタンの塗布を行います。
ウレタン防水
そして床面にウレタンを流し込んでいきます。写真でもわかるように結構ドロッとした材料です。乾いた後に指で押すと少し弾力がある材料です。これは動きにも強く、耐久性もあるので一般的に防水工事の「ベランダ工法」という名称で呼ばれます。
ウレタン防水
ウレタンの1層目の塗布が終わりました。塗りムラもなくきれいな仕上がりです。今回は2層塗るのであとは乾き待ちです。
ウレタン防水
十分に乾燥時間をおいて2層目の塗布に入ります。重ねて塗ることで約3~4ミリ厚のウレタン防水層が出来上がります。1層目と同じくムラが出ないように丁寧に塗布していきます。
ウレタン防水
2層目のウレタンが塗り終わりました。厚みも十分で立上がり部分と床面の厚みも均一です。立ち上がりに関しては細かくいうと2回塗りよりもう少し回数を増やして塗っています。垂直部分なので塗っても垂れてくる為、うまく塗布量を調節して膜厚をつけていきます。
今回の作業はここまでです。ウレタンの乾燥時間をしっかり守らずに最終工程に移ってしまうと不具合が起こります。最後の作業は歩行用のトップコート施工です。ウレタンのままでは濡れるとすごく滑るので、ベランダの用途を考えると歩行できるようにトップコートを施工したほうがウレタン自体の保護にもなりメリットもあります。ベランダの防水が劣化したのでリフォーム、という方も多くいらっしゃいますが、今回は雨漏れも絡んでいるのでこの施工により雨漏れ被害を解消できればと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)
施工事例

名古屋市緑区でU瓦の屋根をガルバリウム鋼板の屋根に葺替え

U瓦施工前
縦ひら屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール【マイトモスグリーン】
築年数
約40年
建坪
約25坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........

陸屋根防水雨漏れ

建物は2階建ての陸屋根です。屋上は防水工事をやってある、との事でしたが年々このシミが広がるそうです。現在も板はややたわんでおり、強度が失われてしまっています。