スレート屋根の雨漏れの原因を探ってきました|名古屋市緑区


スレート屋根の雨漏り事例
名古屋市緑区で雨漏り調査に行ってきました


雨漏りというのは原因を特定するのがとても難しいです。
また原因が一か所だけとは限りません。

塗装業者さんが塗装をすれば直りますというのは間違いです。


多分一時的には雨漏りは止まりますが雨漏りの根本を直したとはいえないので

将来的に雨漏れが再発する可能性があります。

ですので雨漏りは雨漏りのプロが見る必要があります。

かといって全ての雨漏りを特定できる訳ではありませんが・・・


今回はスレート屋根の雨漏り

一年前から雨漏りがちょくちょく発生するそうです。
スレート屋根の雨漏り事例
屋根の形状はとても複雑でした。

屋根の面と面がぶつかる場所に谷という部分もあります。

屋根は切妻屋根(一番シンプルな三角屋根)が一番雨漏りしにくいといいます。

複雑な形状程、屋根の葺き方が難しく雨漏りのリスクが高くなります。
スレート屋根の雨漏り事例
スレート屋根の雨漏り事例
屋根を見ていくと至る所にスレート屋根の割れがありました。

また谷部周辺でも割れがあり谷の端部が割れて二次防水となる防水シートも露出していました。

普段は隠れていますがスレートが割れたことにより釘が露出していました。

この様な場所から雨水は侵入しやすく雨漏りの原因となります。

スレート屋根の雨漏り事例
また屋根の頂点部分に使われている棟板金ですが

こちらは差棟という棟板金でした。

差棟板金が外れてこちらも下地が隙間から見えた状態となっています。

今回屋根裏を調査して結果こちらの直下に雨染みがあったのでここからの雨漏りの可能性が高いです。

しかし経年劣化によって雨漏りの原因となる場所が多くありました。

塗装メンテナンスも必要ですが補修工事をしてからの塗装がお勧めです


スレート屋根の方はただ塗装というのは注意したほうが良いです。

まずは診断をして屋根の状態を知る必要があります

街の屋根やさん名古屋東店では調査見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)
施工事例

緑区で屋根修理の為、U瓦の屋根をガルバリウム鋼板屋根に葺替え

U瓦施工前
縦ひら屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール【マイトモスグリーン】
築年数
約40年
建坪
約25坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

エバールーフたてひら 板金屋根

名古屋市天白区で板金屋根の点検をしました。屋根には日鉄鋼板(※旧日鉄住金)のエバールーフたてひらが使用されていました。新築時に板金屋根(エバールーフたてひら)が葺かれてから10年が経過したそうです。先日、とある訪問業者さんから『メンテナンス...........

外壁サイディング 塗装時期

愛西市で外壁の点検をしました。外壁が新築や前回の塗装の時から色褪せてきているなら塗装の時期かもしれません。※塗料の種類にもよりますが10年過ぎているなら注意が必要です。色褪せや劣化が進行する前に塗装をすることで家の寿命を延ばすことが出来ます...........

スレート屋根 劣化とメンテナンス方法

日進市で築10年のスレート屋根の点検をしてきました。屋根がスレートの場合は塗装が必要となってきます。「いつ塗装をすればいいの?」この様な質問を多く頂きますが、家によって劣化の進み方が違うので一概には言えません。そんな時は街の屋根やさんの無料...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687