台風被害の補修工事|棟板金交換|名古屋市港区


名古屋市港区で屋根の棟板金の交換工事を行いました。

なぜ今回工事を依頼されたかといいますと
先月上陸した台風の影響によって棟板金という部分が風にあおられてしまいめくれてしまったからです。

そのまま放置しておくと屋根材の裏側へと雨水がまわってしまい
雨漏れのリスクがどんどんと高くなってきてしまいます。

ですので早急的な工事が必要でした。
棟板金交換工事
まずこちらが台風の被害を受けた直後の写真です。

棟板金がめくれて太陽光パネルの上にのっています。
幸いにも太陽光パネルに傷等の破損は見受けられませんでした。

このまま放置しておくと屋根材の裏側へと雨が侵入していきますし
固定力の無い棟板金が風にあおられて飛んで行ってしまいご近隣や、
第三者の方に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、なるべく早い工事が必要とされます。
棟板金交換工事
まずは既存の貫板という下地の木材を撤去します。
そこまで傷んではいませんでしたが
この際に新しい物に交換しておくことをお勧め致します。
棟板金交換工事
次に新しい貫板を取付けます。

今回は樹脂製の貫板を使います。
樹脂で出来ているので木材の様に腐るという事もありません。
棟板金交換工事
貫板を取付け終えたら棟板金を取り付けて行きます。

重なり部部には捨てシーリングという
止水処理を施して取付をしていきます。
棟板金交換工事
こちらが完成後の写真です。

棟板金の取付

棟板金の取付工事が完了しました。
工事自体はそこまで難しくはありませんがとても重要な工事です。

年数の経過とともに下地が傷んできて棟板金の固定する力が弱くなってきます。
そこへ台風等の影響によって強い風にあおられたときに今回の様に
棟板金がめくれてしまったり、どこか飛んで行ってしまったりという事があります。

そんなことが無い様に定期的なメンテナンスというのをお勧めしています。

調査見積りは無料でおこなっておりますのでお気軽にお申し付けください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市南区でスレート屋根に積んである棟瓦を棟板金へ交換しました

棟板金交換
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
カラーGL鋼板
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

名古屋市名東区で台風で飛散してしまったカラーベスト屋根の棟鈑金の交換工事をしました

20180910-15_180915_0009
1e2bc160c731065547d09677c3a71a7a
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟鈑金(ガルバリウム鋼板)人工笠木
築年数
築30年
建坪
25坪
保証
工事費用
22万円
施工事例

岡崎市で棟板金の交換工事をおこないました

棟板金めくれ
棟板金施工後
工事内容
棟板金交換
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金交換 スレート屋根

長久手市でスレート屋根の棟板金交換工事をしてきました。去年に2回ほど東海地方を直撃した台風によって棟板金がめくれあがったそうです。2回の台風はとても勢力が強く東海地方でもかなりの被害が出ました。その中でも今回の棟板金のめくれという被害がとて...........

IMG_0810

今回は名古屋市緑区でスレート屋根の棟板金をガルバリウム鋼板を使用し交換工事を行ってきました。棟とは屋根の頂上にある部位でスレート屋根にはそこに板金が被せ施工してあります。棟板金は主に中にある下地の木に釘のみで止めてあり年数が経ってくると建物...........

スレート屋根 棟取り直し

前回の続きです。春日井市での棟部分の交換工事の様子です棟瓦から棟板金へと交換をするのですが前回までに瓦を撤去しその下に使われていた葺き土も撤去していきました。