名古屋市港区で劣化した破風板の塗装をしてきました


破風板 塗装
名古屋市港区で屋根工事をするために足場を組んでいたのですが

建物の『破風板』の塗装の退色や剥がれが目立つので部分的な塗装工事を一緒に行いました。

そもそも『破風板』って??

と思われる方もいると思います。

破風板とは屋根の妻側に山形に取り付けられた板の事です。

上の写真が破風板の写真です

破風板は風や水、また火から守るために取り付けられました。

破風板と並びでついていますが鼻隠し板というのもあります。

それは雨樋を取り付けるための下地としても使われています。

今回はこの破風板が写真の様に色あせと剥がれが目立つので塗装を行いました。

当初は黒色に塗られていたのですが、剥がれてきて木部の素地が露出しています。

今回はこの破風板の塗装工事をします

破風板 塗装
まずはケレン
やすりで脆弱な塗膜の除去と
目荒らしをおこない塗膜の密着力を高めます

破風板 塗装
次に仕上の塗料と下地との接着剤の様な役割をする

下塗り材を塗っていきます
破風板 塗装
次に仕上となる塗料を塗ります
破風板 塗装
2回目の塗装です
破風板 塗装
これで塗装は完了です

写真で見るとこの様な工程数があります。

基本的に塗装工事では3回塗りが基本となります
下塗り
上塗り1回目(中塗り)
上塗り2回目

上塗りのみの塗装だと下地との密着が悪く早い段階で剥がれてしまう恐れがあります。

街の屋根やさん名古屋東店はこういった部分的な工事も出来ます

屋根や外壁の事なら街の屋根やさん名古屋東店までお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

弥富市で外壁・屋根シリコン塗装を行いました

むらせ邸 施工前
むらせ邸 施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
水性セラミシリコン
築年数
築25年
建坪
20坪
保証
5年保証
工事費用
130万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰劣化

天白区で漆喰点検です。日本瓦は漆喰の修繕サイクルをおよそ10年で行う事を推奨しています。住まいながらの揺れや風や振動による屋根(瓦)の揺れで漆喰も少なからず影響を受けてしまいます。

ウレタン防水

今回の作業は前回のつづきからでベランダ部分のプライマー塗装からです。下地の再清掃を行い塗布していきます。

破風板 塗装

西尾市で外壁塗装工事が始まっています。前回は外壁材として使用されているサイディング目地の打ち替え工事をやりました。目地の打ち替えの様子はコチラから今回はメインの外壁の塗装も重要ですが、足場をせっかく組みますので外壁以外の破風板・鼻隠し板・雨...........