コーキングの劣化・切れ|守山区


名古屋市守山区外壁の点検を行ってきました

今回の家はサイディングが使われていました。

サッシ廻りや胴差、そしてサイディングの家の多くには
目地にコーキングというゴム剤の様なものが打たれています

そのコーキングが劣化してくることにより雨漏りの可能性もあるので要注意です

それでは早速点検を行っていきます

現地調査 目地
まずは胴差のコーキングです

劣化が進行し切れてしまっています

胴差は1階と2階のつなぎ合わせに使われており
胴差を取るとその下にはサイディングとサイディングのつなぎ目があります。

この場所のコーキングの劣化は雨漏りの可能性が
高いので早めの補修をお勧めします
現地調査 目地
皆さん壁を触ったら手に白い粉のようなものが付いた
経験はありませんか???

この現象をチョーキングといいます

紫外線で塗膜が劣化している証拠です

この現象は塗装の時期に来たという1番わかりやすいサインなので1度自分で試してみてください
現地調査 目地
現地調査 目地
サッシ上や目地のコーキングも劣化が進行し切れやひび割れが発生しています

ひび割れが発生したからと言ってすぐに雨漏りする!!!
というわけではありませんが1度切れた場所はどんどん劣化し広がっていきます

目地の下には防水紙があるのである程度防いでくれるのですが当然劣化の進行が早まります

素地まで行ってしまうとなかなか乾かず腐食へ繋がる可能性があるので放置しすぎは危険です
現地調査 目地
入隅の目地にも割れていました
入隅とは・・・?こちら

このような水が直接当たりにくい場所でも上から伝ってきた雨水の侵入も考えられるのでこちらも早めの補修をお勧めします
現地調査 目地
手すりと壁の取合いの部分にもコーキングでの
施工がされています。

まだひび割れや切れはありませんでしたが
劣化は進行しています・・・

他の部分と一緒に補修してあげましょう

コーキングの劣化は早くて6~7年程で切れてきたり剥離してきたりしてしまいます
雨漏りの可能性にも繋がってきてしまうので外壁を塗り替える時一緒に補修してあげましょう

疑問や不安がある方はまず街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

エバールーフたてひら 板金屋根

名古屋市天白区で板金屋根の点検をしました。屋根には日鉄鋼板(※旧日鉄住金)のエバールーフたてひらが使用されていました。新築時に板金屋根(エバールーフたてひら)が葺かれてから10年が経過したそうです。先日、とある訪問業者さんから『メンテナンス...........

外壁サイディング 塗装時期

愛西市で外壁の点検をしました。外壁が新築や前回の塗装の時から色褪せてきているなら塗装の時期かもしれません。※塗料の種類にもよりますが10年過ぎているなら注意が必要です。色褪せや劣化が進行する前に塗装をすることで家の寿命を延ばすことが出来ます...........

スレート屋根 劣化とメンテナンス方法

日進市で築10年のスレート屋根の点検をしてきました。屋根がスレートの場合は塗装が必要となってきます。「いつ塗装をすればいいの?」この様な質問を多く頂きますが、家によって劣化の進み方が違うので一概には言えません。そんな時は街の屋根やさんの無料...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687