名古屋市守山区で外壁塗装前の点検をしました


シーリング切れ
今回の点検は外壁のサイディングです。ご覧のようなサイディングなので褪色は目立たないのですが目地の劣化が目につくようになり防水に不安を感じて塗装工事の検討をしたいとの事でした。建物全体の外壁を浮きや割れがないか、シーリングの状態はそれぞれどんな状態かを点検していきます。
シーリング切れ
外壁シーリングです。目立つところは壁からこのように離れてしまっています。実はこれは建物の東側なんです。隣家もあり、日中でもあまり日が当たりませんが経年で起こる症状です。
シーリング切れ
こちらは日の当たる方面の目地です。シーリングが硬化して、他の壁と同じように切れています。
シーリング切れ
シーリングの顕微鏡写真です。シーリングは硬化するとボロボロと取れてしまいます。このくらいの隙間であっても雨水が当たると中に入りサイディングの劣化に繋がります。
シーリング切れ
別位置ではシーリングが真横に切れていました。上下で引っ張られたかのような状態ですが縦に切れるのとは違い雨が当たると水をすくう様な状態となり内部へ入っていきます。
シーリング切れ
同じく拡大写真です。劣化が進みボロボロに落ちそうなのが分かると思います。
シーリング切れ
外壁のシーリング点検では壁だけでなくその他付帯部のシーリングも点検します。こちらはベランダ手摺下の笠木が外壁と設置している箇所です。外壁よりやや中に笠木は入っているのでサイディングを加工して貼っています。その為周りはシーリングで防水します。こちらも硬化して痩せたシーリングになっています。
シーリング切れ
サッシ回りです。元々のシーリングが痩せてしまい切れが出ています。窓回りなどの開口部分のシーリング劣化は雨漏りの原因にもなりかねないのであまり長い事放置するのは好ましくありません。
主にシーリング関係を重点的に点検しましたが、全体的に状態が良いとは言えず、塗装工事をご検討されている時期という事もあり修繕にはいいタイミングであるといえます。塗装のリフォーム工事では古いシーリングは全て撤去して新しく打ち換えてから塗装をします。今回は多色サイディングで色味や風合いを好まれているのでクリヤー塗装をお勧めします。幸い日焼けも少なく比較的きれいな状態なのでキレイに仕上がるのではないかと思います。ちなみにクリヤー塗装も普通は仕上がりに艶がでます。それはそれできれいなのですが、あまり艶を好まれない場合は使用材料によっては3分艶まで艶引きを抑えることも可能です。3分艶ほどだとあまりピカピカせずに少々落ち着いた仕上がりとなります。
軽補修から大きな修繕、リフォームまで何か気になる事や心配事がある方は当社へ是非一度お気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩ビシート防水

名古屋市千種区で経年劣化が進んだベランダの塩ビシート防水工事をしました。外壁塗装工事をした際にベランダの防水工事も一緒に行いました。防水は防水の種類や立地、環境によりますが大体15年位でメンテナンスの時期が来ます。ベランダの下に部屋がある場...........

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........