名古屋市守山区で棟板金が飛んでしまう台風被害


台風被害棟板金
名古屋市守山区で台風被害で棟板金が飛んで行ってしまった相談で現地へ行ってきました。まずはどこに飛んで行ったか・・・。運よく北側の下屋根に落ちていました。この板金、1.8メートルあります。変なところへ飛んでいき家の壁や車、当然人に当たると大けがします。真下へ落ちただけでしたので一安心でした。
台風被害棟板金
屋根上に上がってみると分かり易く一枚の板金が外れています。屋根のメンテナンスはこれまでに行っておらず、劣化が進んでいる状態です。棟板金の釘浮きも多数ありました。
台風被害棟板金
ここで外れたものが滑り落ちて下の屋根へ落下したようです。下地は露出、劣化しています。前後の板金も劣化が著しいので今回交換をお勧めします。
台風被害棟板金
棟下地は大きめの釘で上から固定、さらに屋根裏からも釘打ちがありました。木材も一つ欠落し、ない状態でした。
台風被害スレート割れ
スレート自体も割れが見られました。風で煽られるためバタバタしてるうちに割れてしまいます。塗装などがあれば強度も出て割れる可能性は低くなりますが塗膜がないと雨水も吸い易く強度もなくなっていきます。
台風被害スレート割れ
こちらも少し大きめの割れがあります。応急的にはコーキングなどで破片をくっつけることもできますが、このように複数個所で割れやヒビが見られる場合、悪い瓦は差し替えることをお勧めします。
割れた瓦の差し替え、棟板金の復旧を速やかに提案です。さらに棟下地も今回劣化が見られたので人工木への交換も必要かとおもいます。予想外の出費と皆様お考えになるのも良くわかりますが、今間に合わせでとりあえず・・ですと次の風害で耐えられない場合も少なくありません。できる事なら以前より良い状態、丈夫に、いい材料で修繕しておきたいものです。分かり易いところでは、これまではサビてしまう鉄板今の建材でガルバリウム鋼板、というところです。台風被害の方はじめ、屋根外壁工事をお考えの方は是非一度当社へお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

一宮市で洋瓦の軒先部分にある雀口の漆喰が劣化して剥がれていました。同じように漆喰を塗る事も可能なのですが、漆喰だと同じように劣化して剥がれてきてしまうのでより長持ちしメンテナンスが楽になるように面戸板金を取り付けることにしました。瓦屋根の方...........

棟瓦の補修工事

名古屋市熱田区で屋根瓦のビス浮きの補修をしてきました。築年数があまり経過していないお家の屋根の簡易メンテナンス工事です。平板瓦の棟に使われている棟瓦は上から釘やビスで固定をされています。しかし年数の経過と共にその釘やビスが浮き上がってくる事...........

凍て瓦の差し替え

名古屋市中川区で凍てて劣化した瓦を新しい瓦へと差し替えをしました。写真の瓦は塩焼瓦といって今はもう生産をしていません。ですので差し替えといっても同じ瓦で差し替えは出来ませんでした。しかしなるべく目立たないように同じ色味の瓦を探して差し替えを...........