名古屋市中区で屋上とベランダのウレタン防水工事が順調に進んでいます


ウレタン防水
今回の作業は前回のつづきからでベランダ部分のプライマー塗装からです。下地の再清掃を行い塗布していきます。
ウレタン防水
ベランダ部分の乾き待ちの間にまた屋上へ上がり作業を行います。今回は「通気緩衝工法」のウレタン防水なので屋上面には自着シートを丁寧に隙間なく貼っていきます。
ウレタン防水
シート貼りが全面に施工できました。この写真ではわかりにくいですが、シートとシートの間に隙間ができないように貼りますが、凹凸などでズレも出た時はシートの加工をしながらしっかりと圧をかけて貼っていきます。
ウレタン防水
シートを張り終えたら次は継ぎ目にメッシュテープを貼っていきます。
ウレタン防水
シート貼りは広い面で、立上がりなどの部分にはこのメッシュテープを補強で貼り付けていきます。立上がりや段差部分は気を付けてテープが浮いたりしないようしっかり押さえて施工していきます。
ウレタン防水
こうして全面にメッシュテープが貼られました。次は改修用ドレンと脱気筒の設置を済ませてようやくウレタンを流して塗っていきます。
ウレタン防水
改修用ドレンの取り付けです。口穴周辺をきれいにして新しい排水溝の口を取り付けます。
ウレタン防水
脱気筒です。およそ50㎡につき一つ設置をします。ウレタン施工後に経年でもしも膨れが生じた場合に蒸気を逃がすものです。逃げ道がないとそのまま膨れが進行して防水層に不具合を起こす可能性があるのでこのような材料を取り付けます。
ウレタン防水
立上がりに補強メッシュを入れたところからウレタンをかぶせて塗布していきます。乾いてしまえば濡れても大丈夫ですが、幸い天気も何とか数日持ちそうです。
ウレタン防水
今日の作業はここまでです。シート貼りが完了し、立上がりメッシュ部分にウレタンを施工しました。後日下にあるベランダにも同様の施工を行っていきます。
今回の防水工事も中盤に差し掛かりました。順調に進んでおりお施主様もひとまず安心されているようでよかったです。防水工事は仕上がった後も雨が降って不具合が起きないかが心配なところです。職人さんの腕や知識によるところが大きいので業者選びは難しく、重要ですね。次回はウレタン塗装と仕上がりまでをお伝えしていこうと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩ビシート防水

名古屋市千種区で経年劣化が進んだベランダの塩ビシート防水工事をしました。外壁塗装工事をした際にベランダの防水工事も一緒に行いました。防水は防水の種類や立地、環境によりますが大体15年位でメンテナンスの時期が来ます。ベランダの下に部屋がある場...........

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........