名古屋市天白区で瓦の漆喰と谷板金の点検に行ってきました

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰劣化
天白区で漆喰点検です。日本瓦は漆喰の修繕サイクルをおよそ10年で行う事を推奨しています。住まいながらの揺れや風や振動による屋根(瓦)の揺れで漆喰も少なからず影響を受けてしまいます。
漆喰劣化
姉に上がらないと見れない部分もあるので当社のような屋根屋に点検の依頼を頂ければと思います。今回は2棟点検でこのように建物が並んでいます。谷部分に雨水が流れる板委員がありますがそちらも点検していきます。
漆喰劣化
畝下の漆喰です。剥離したところに苔や藻が発生しています。
漆喰劣化
こちらは半分割れて土が見えています。もう半分もこうなってしまうと近い将来に剥がれてしまいます。
漆喰劣化
お隣の屋根の鬼瓦です。鬼巻き漆喰も剥離しています。
漆喰劣化
棟下も同様に割れてしまい無くなっていました。
銅谷板金
2棟の間の谷部分です。銅でできた板金ですが経年の為劣化しています。雨水の当たるところは茶色く変色しますが、そのため板金が薄くなってきます。
銅谷板金
具体的に言うと数ミクロンの状態です。指で押せば穴が開いてしまいます。
漆喰工事の件数は当社でも相当数あります。最後の谷版金の部分でも交換作業件数が多い工事です。今ではガルバリウム鋼板やステンレスで施工しますが、当時は銅や鉄板です。この谷部分は穴あき等があると一度の雨で雨漏れを起こす状態になります。「漆喰」というものは知っていても「谷板金」の状態などは多くの方はあまり気にしません。穴が開くという事も当社で点検した後の報告で知る方がほとんどです。梅雨に備えて点検や補修はいかがでしょうか。点検とお見積りは無料で行っております。検討中の方は是非お問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金 交換工事 雨漏り

今回は名古屋市名東区で谷板金の交換工事を行ってきました。谷板金とは屋根のへこんでいる、谷になっている部分に施工されている板金です。昔は銅板で施工されていました。銅板は酸性雨によって年数が経ってくると変色しそこから穴が開いてしまう可能性があり...........

天窓

名古屋市名東区のお客様より以前から屋根の天窓から雨漏りがするので、屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。天窓(トップライト)の雨漏りの要因は原因が限られています。今回は、窓枠に使われているゴムパッキンの劣化が雨漏り要因でした。

32-1

春日井市で、強風で瓦が落ちて来たと言う問い合わせを頂いたので、早急に現調に行かせて頂きました。お宅に伺うと、棟の役物瓦が落ちて来て居ました、早速屋根に上がらせていただいたら、役物瓦を止めている釘がかなりの数浮き上がって居ました。触ってみると...........