名古屋市天白区で瓦の漆喰と谷板金の点検に行ってきました


漆喰劣化
天白区で漆喰点検です。日本瓦は漆喰の修繕サイクルをおよそ10年で行う事を推奨しています。住まいながらの揺れや風や振動による屋根(瓦)の揺れで漆喰も少なからず影響を受けてしまいます。
漆喰劣化
姉に上がらないと見れない部分もあるので当社のような屋根屋に点検の依頼を頂ければと思います。今回は2棟点検でこのように建物が並んでいます。谷部分に雨水が流れる板委員がありますがそちらも点検していきます。
漆喰劣化
畝下の漆喰です。剥離したところに苔や藻が発生しています。
漆喰劣化
こちらは半分割れて土が見えています。もう半分もこうなってしまうと近い将来に剥がれてしまいます。
漆喰劣化
お隣の屋根の鬼瓦です。鬼巻き漆喰も剥離しています。
漆喰劣化
棟下も同様に割れてしまい無くなっていました。
銅谷板金
2棟の間の谷部分です。銅でできた板金ですが経年の為劣化しています。雨水の当たるところは茶色く変色しますが、そのため板金が薄くなってきます。
銅谷板金
具体的に言うと数ミクロンの状態です。指で押せば穴が開いてしまいます。
漆喰工事の件数は当社でも相当数あります。最後の谷版金の部分でも交換作業件数が多い工事です。今ではガルバリウム鋼板やステンレスで施工しますが、当時は銅や鉄板です。この谷部分は穴あき等があると一度の雨で雨漏れを起こす状態になります。「漆喰」というものは知っていても「谷板金」の状態などは多くの方はあまり気にしません。穴が開くという事も当社で点検した後の報告で知る方がほとんどです。梅雨に備えて点検や補修はいかがでしょうか。点検とお見積りは無料で行っております。検討中の方は是非お問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

袖板金大破

千種区からの点検依頼です。お電話でのやり取りで「ちょっと危ない状態」とおっしゃっていたので行く前から気になっていました。現地で状況を見ると・・危ないです。

谷板金

名東区で谷板金の修繕依頼です。話の始まりはやはり雨漏れです。ここ最近の雨風で出てきたようです。梅雨を前に心配なところです。ご反のように立派な屋根瓦です。谷板金付近の真下に廊下がありそこから雨漏れは起こっていました。

波トタン劣化

名古屋市港区でトタン屋根点検です。なるほど。お電話で事前にお伺いした通り捲れてしまっています。お客様はご自宅の2階から発見されたようで、こちらは別棟の平屋の屋根です。下地が丸っと出てしまっているので必ず何か手を入れなければなりません。