中川区で日本瓦の漆喰点検に行ってきました。


日本瓦漆喰点検
中川区で瓦屋根の漆喰点検です。平屋造りですが見てください、なんと建物の真ん中が吹き抜けになってます。見下ろすと中庭になっており家の中から庭を見て回り事ができます。多くの建物点検を行ってきましたが初めて見た造りでした。
日本瓦漆喰点検
屋根もこの建物の形状から棟部分が少々工夫して作られています。漆喰については他の瓦屋根と同様の施工でした。
日本瓦漆喰点検
さて、点検を始めると何やら漆喰の剥がれ方が・・・。漆喰そのものが剥離しているような劣化状態とはないか違って見えました。
日本瓦漆喰点検
棟の又部分には漆喰がありました。しかし経年の劣化で表面はひび割れ、剥離が進行中でした。
日本瓦漆喰点検
こちら棟下漆喰の状態です。おかしいな・・・。それもそのはず、なんと古い漆喰の上にペンキです。ペラペラとしたものはペンキの塗膜でした。
日本瓦漆喰点検
元々の漆喰はやはり劣化していてよい状態とは言えないのですが、それを化粧するようにペンキが塗られていました。
日本瓦漆喰点検
鬼瓦の漆喰です。やはり経年で漆喰は劣化していましたが補修の為かコーキングが施工してありました。が、古い漆喰も一緒にコーキングしてあります。
日本瓦漆喰点検
別の位置にある鬼瓦は漆喰が取れてしまいきれいに何もない状態でした。隙間から水が入ってしまいます。
今回このような状態を点検してみて、お客様とこれを読んで頂く皆さんにお話ししたいのは「間違った工事」は良くない結果、という当たり前の事です。恐らく依然施工した業者さんは屋根の事が何もわからない方だったのではないかと思われます。素人さんが見ても何がいけないかわかる状態でした。そもそも漆喰補修は古い漆喰をキレイに撤去したうえで新しく施工するのが一般的です。鬼瓦のコーキングも古い漆喰を取り除き、鬼巻きコーキングを当社では行います。屋根屋でない会社や訪問販売の業者さんであった場合、施工後の仕上がりに不安を持つお客様も少なくありません。広告や看板に「屋根工事」と書かれていれば「できるんだ」と思われがちですが、会社自体が屋根工事会社なのか、一般的な工務店なのか少し調べれば皆さんにもわかります。どこに頼んでいいかわからない工事の一つにこのような屋根工事があります。迷われていたり、検討している方はぜひ当社へご相談ください。調査・お見積もりは無料で行っております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

長久手市で漆喰の塗り直し工事をしたお客様宅にアフター点検をしてきました。前回工事をしてから3年が経過しました。お客様の方では特に気になる事はないそうですが、念の為に点検をしました。

屋根漆喰工事 棟下漆喰

先日からあま市で行っている屋根の漆喰工事の様子です。このところ寒さが続き屋根の上に霜が降りて思う様に作業が捗りません。。。冬ならではですが、日が照らないと寒さが身に染みますね。所で漆喰工事をしていますが漆喰の役割って知っていますか?大きくわ...........

屋根漆喰工事

今日からあま市で屋根の漆喰工事が始まりました。屋根の頂点の部分には棟という部分があります。瓦が何枚も積まれている部分です。(瓦の種類によって違いますが・・・)その下に三日月状に漆喰が使われています。上の写真がそうです。その漆喰も年数の経過と...........