オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市西区で廃盤になった瓦屋根の点検 袖瓦がずれ落ちていました


瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
名古屋市西区で廃盤になった瓦屋根の点検に行ってきました。

屋根の端っこの袖瓦がずれて落ちてきているとのお問い合わせを頂いたので見に行きました。

原因は下地の腐食でしたが、そのきっかけは瓦の模様による特徴でした。
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
点検に伺うと袖瓦が外れてぶら下がっている状態でした。

瓦は重量もあるのでいつ落ちてもおかしくない状態でした。

落下したらとても危険です。
物の破損や人に当たると最悪の場合、死に繋がってしまう事もあります。

しかしこの状態から瓦を撤去するのはとても危険なので応援を呼んで応急処置をすることにしました。
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
作業に必死で写真が撮れませんでした

応急処置が完了です。
瓦を上から持ち上げて取り外しました。
最後に応急用の防水シートを取り付けました。

これで瓦の落下の危険性はなくなり当面は大丈夫な状態となりました。
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
ぶらさがっていた袖瓦の状態です。

瓦を固定している木材は劣化して腐食している部分があり釘が効いていませんでした。

しかし木材と一緒に板金部材があったため。かろうじて落下せずにぶら下がっている状態でした。

今回は雨が屋根の内部へと浸水して下地となる木材を腐らせてしまい瓦の固定力が低下してしましました。

そこへ強風などの影響によって瓦がめくれて外れた状態となっていました。
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
瓦屋根の内部に雨が入った原因ですが

それは瓦の模様が原因でした。

今は廃盤となってしまった瓦です。
ストーンタイルという商品の瓦なのですが、独特の模様がついています。

その模様が実はネックでした。水が流れるとその模様に沿って左へ左へと水が流れていくのです。
そうすると屋根の袖瓦の方へと雨がたくさん入っていき下地を腐らせてしまいます。
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
瓦屋根の点検 廃盤瓦 ストーンタイル
こちらの瓦が葺かれている家の左袖は同じような不具合が起きてきます。

この独特な模様のせいもあってか今は廃盤となりましたが、
この瓦が葺かれている屋根はまだまだあります。

『瓦が悪いのですべて葺き替えないとだめなの?』

と聞かれることがありますが、そんなことはありません。

この瓦の特徴をおさえた屋根の直し方があるので街の屋根やさん名古屋東店にご相談ください。

次回は補修工事へ行きたいと思います

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒屋根

名古屋市昭和区にて、数十年前に普及された瓦棒屋根から雨漏りが発生していたため、至急現地調査に行きました。瓦棒屋根には、何種類かありますが中に芯木に入っているパターンと入っていないパターンがあります。今回は、芯木が入っていない山が小さい瓦棒屋...........

谷板金

名古屋市瑞穂区にて谷板金の差し替え工事を実施しました。谷板金とは・・・屋根と屋根との取り合い部分に発生する雨の通り道のことを指します。この谷板金は、数十年前まで銅板が使われていました。しかし、この銅板は酸性雨による経年劣化によって大きな穴が...........

セメント瓦

名古屋市瑞穂区にて、セメント瓦の屋根点検を実施してきました!セメント瓦とは・・・平板の瓦に見せたコンクリート状の屋根材になります。このセメント瓦はとても割れやすく、ヒビも入りやすいです。なので、メンテナンス方法として塗装工事を行うのが一般的...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687