西尾市で屋根外壁の点検に行ってきました


漆喰点検
屋根の上から点検を始めていきました。瓦はしっかりしており問題ありませんでした。ご覧のようにちょっと複雑な形の屋根でしたが、瓦のズレ等もなく良好でした。
漆喰点検
寄棟で長い谷板金が入っています。こちらもサビや穴開きは無く状態は良好でした。谷板金は屋根に上がらないと点検できない箇所であり、もしも知らないうちに穴が開いていたりするとかなりの速さで雨漏れ被害が出てきます。私たちも注意して点検する箇所の一つです。
漆喰点検
棟下の漆喰です。隅棟の下りなので水の流れが漆喰にあたる部分でもあります。瓦の重みや劣化によって傷んできますが、これはひび割れて少し浮いてしまっている写真です。上から下に水は流れるのでこのような割れがあると雨水が内側へ染みていきます。
漆喰点検
こちらも違う場所の隅棟です。剥離して穴が開き始めています。このように漆喰を使っている日本瓦の屋根はどこのお家でも起こり得る劣化です。
軒天褪色
上裏部分の軒天です。ベニヤの板張りですが経年で褪せています。リフォームの際は塗装か重ね貼り(張り替え)となります。
外壁褪色
外壁のサッシ廻りです。これもよく見かける症状ですね。外壁の塗膜が弱ってくると汚れが付着し易くなり、雨水と一緒に汚れが流れ落ちきらずに付着してしまういわゆる「雨筋汚染」です。
外壁褪色
ベランダの内壁も点検します。湿気などが留まりやすい場所にはやはり苔が発生します。美観の問題ですがあまり気持ちの良いものではありません。
外壁褪色
外壁には塗膜劣化のサインであるチョーキングが見られました。サイディングを守る塗膜が弱くなってくると雨水を吸い易くなってしまいます。
いつも通りの点検を済ませての所見は、漆喰を塗り替える必要がある事と、外壁などの塗装でした。今回は急を要する状態ではありませんが、劣化は日々進んでいきます。現在の建物の状態に合わせてのプランニングも可能ですので屋根壁のリフォームをお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

長久手市で漆喰の塗り直し工事をしたお客様宅にアフター点検をしてきました。前回工事をしてから3年が経過しました。お客様の方では特に気になる事はないそうですが、念の為に点検をしました。

屋根漆喰工事 棟下漆喰

先日からあま市で行っている屋根の漆喰工事の様子です。このところ寒さが続き屋根の上に霜が降りて思う様に作業が捗りません。。。冬ならではですが、日が照らないと寒さが身に染みますね。所で漆喰工事をしていますが漆喰の役割って知っていますか?大きくわ...........

屋根漆喰工事

今日からあま市で屋根の漆喰工事が始まりました。屋根の頂点の部分には棟という部分があります。瓦が何枚も積まれている部分です。(瓦の種類によって違いますが・・・)その下に三日月状に漆喰が使われています。上の写真がそうです。その漆喰も年数の経過と...........