日進市で築15年経過した家へFRP防水の点検に行ってきました。


日進市で築15年経過する家へFRP防水の点検に行ってきました。

数年前に外壁の塗装工事をしたそうなのですが、その際に防水工事はしてなかったそうです。
塗装工事と防水工事は一緒に施工されることが多く混同されがちですが、
工事内容が違うのでそれぞれに専門の職人さんがいます。

FRP防水表面に剥がれがあるそうで気になってきたそうです。

さっそく状況をお伝えしていきます

FRP防水 劣化 メンテナンス
こちらがFRP防水です

そもそもFRP防水って・・・?

FRP防水とは繊維強化プラスチックの略称です。
ガラス繊維などを使って補強したプラスチックという意味です。

強度や耐水性に優れるので家の防水部分だけではなく船や浴槽、波板などあらゆる場所に使われています。

FRP防水 劣化 メンテナンス
防水は、バルコニー・ベランダの床部分に使用されています。

こんな感じで多くはグレー色をしています。
※表面のトップコートはある程度の色味を選択できるので一概にグレーではありません。


FRP防水にもウレタン、塩ビシート、ゴムシート、アスファルトなど

様々な種類の防水がありますが、環境や防水箇所の面積や形状に合わせて防水を選びます。

一般的に10~15年位の寿命の物が多いです。

FRP防水 劣化 メンテナンス
FRP防水 劣化 メンテナンス
真ん中あたりの少し薄いオレンジ色に見えるのがトップコートが剥がれた部分です。

ガラス繊維などで強化された防水の要となる防水層です。

この防水層が劣化してしまうと劣化が進行して防水の寿命を縮めてしまいます。

今回点検したところ、トップコートの剥がれによる防水層の露出が目立ちました。

本来はトップコートの塗り替えを5年毎にするのが望ましいのですが正直難しいです。


防水層の劣化も見られたため、新しく防水層を作ってあげる必要がありそうです。

街の屋根やさん名古屋東は屋根工事はもちろんですが、防水・塗装工事も専門です

もし家に気になる事があればまずは一度ご相談ください!


ご連絡お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........