瓦の葺き替え工事|瓦のめくり作業の様子|日進市


日進市で屋根の葺き替え工事が始まりました。

葺き替え工事とは今ある屋根材を撤去して、新たに屋根材を葺く工事の事です。
今ある瓦をめくって下地を露出した状態にできるので下地の補修も出来ます。

屋根材にもよりますが葺き替えではなく重ね葺き工事(カバー工法)というのもあります。
しかし雨漏れがある場合、下地が傷んでいる可能性があるので葺き替え工事の方が良い場合があります。

今回は日本瓦でしたので重ね葺き工事が出来ないので葺き替え工事となりました。
葺き替え工事 日本瓦
こちらが工事前の様子です。

日本瓦が使用されています。
経年や凍てによって部分的に瓦にひび割れやズレがありました。

しかし雨漏れはなかったみたいです。
葺き替え工事 日本瓦
こちらは瓦をめくった様子です。

瓦の下に土が使ってあります。
土葺き工法といい、土の上に瓦を乗せて瓦を葺いていきます。
最初は土の粘り気で瓦とくっついているのですが、経年によって瓦と密着がしなくなっていきます。

瓦と土の重みで1坪当たり約300kg程の重さがあります。
葺き替え工事 日本瓦
既存の瓦をめくっている状況です。

瓦を下に落とさないように慎重に作業していきます。

葺き替え工事 日本瓦
瓦と葺き土をめくっていきます。

めくった瓦と土はクレーンで下におろします。
葺き替え工事 日本瓦
葺き土の下には防水シートが張ってありました。
しかし当時の防水シートは薄く湿気や熱によってボロボロになっています。

細かな土や埃もホウキを使って掃除をしていきます。

これでめくり作業の終了です。

次は瓦を葺く前に下地を作っていく作業していきます

また次回お伝えしていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事 防水紙の重要性

名古屋市千種区で屋根の葺き替え工事をしています。屋根はスレート屋根材を使用しています。屋根には1次防水と2次防水という考え方があります。屋根の仕上げ材が1次防水で下葺き材が2次防水という考え方です。下の写真を見てみましょう

玄関屋根葺き替え工事

名古屋市中区で玄関の上にある小さな屋根部分の葺き替え工事を行いました。工事前はサビが全体的に広がっていました。もし塗装を行ったとしてもあまり長くはもたない状況でしたので今後のメンテナンスの事も考えて玄関屋根を葺き替えることになりました。

屋根葺き替え工事 コンパネ ルーフィング

北名古屋市で屋根の葺き替え工事をしています。葺き替え工事なので昔の屋根をめくる訳ですが、その際に下地を再度作っていきます。コンパネ 構造用合板12mmを張っていきます。