漆喰工事をお考えの方へ|日進市


今回は日進市で漆喰の工事を行ってきました。

漆喰とはどこに使われているかご存知ですか???
瓦屋根の場合壁際や鬼瓦
一番劣化やすいのは屋根の頂上の塗根の下に塗られている場所です。

漆喰が劣化し剥がれてくると
その中にある土が水を吸ってしまい
吸い込んだ水が下へ伝わり雨漏りの可能性があります。

瓦屋根自体は基本的にはメンテナンスは必要ありませんが
漆喰のメンテナンスはしっかりと行いましょう!!!
漆喰
漆喰
漆喰の工事をするにあたってまず一番最初に行うのは
古い漆喰を撤去することです。

古い物の上から塗ってしまうと
古い物が剥がれてしまうと新しい物も一緒に剥がれてしまいます。

せっかくお金を払って直してもらったのに
すぐにダメになってしまってはとてももったいないです。

まずは古い物を撤去し新しい物を施工時てもらいましょう!
漆喰
漆喰
撤去したら新しい物を塗っていくのですが
必要に応じて左の写真の様に下塗りもしていきます。

まず土台を作った後、右の写真の様に綺麗に塗っていきます。

漆喰を塗る時に気を付けるのは
上の部分等の見えにくい場所の塗り忘れや
隙間が空いていない事に気を付けましょう。

空いてしまった隙間から雨が侵入し
そこの部分が剥がれやすくなってしまう恐れがあります。

漆喰のメンテンナスの時期は10年です。

しかしその10年はしっかり施工しての年数ですので
手を抜いたりすると持ちが全然違います。

ですので工事する前にはしっかりとした見積書と
その説明をしてもらいましょう!!!

街の屋根やさん名古屋東店は
点検・見積りまでは無料です!!

屋根の事でお困りでしたら1度ご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事 春日井市

春日井市で陶器瓦に使われている棟の漆喰塗り直し工事をしました。屋根が瓦の場合は塗装は必要ありませんが棟部分のメンテナンスが必要となります。その中でも代表的なのが漆喰工事です。漆喰工事は15年毎に直すのが理想的です。今日は先日の漆喰工事の続き...........

屋根補修

名古屋市東区で「屋根が瓦の場合、メンテナンスは何をするべきなのか教えてほしい!!」とお問い合わせ頂きました僕たちの場合、どこの部分の屋根修理が必要なのかまず現地調査を行わさせて頂きます。実際に長いハシゴをかけ、屋根に登らさせて頂きます!!

屋根補修工事

犬山市で数年前に屋根の補修工事を飛び込み業者で行った屋根の点検を行ってきました。今回のお問い合わせ内容は・・・「以前、屋根の補修工事をやったのですが、その施工内容に不安を感じて一度プロに見てほしい」との事でした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687