漆喰工事をお考えの方へ|日進市


今回は日進市で漆喰の工事を行ってきました。

漆喰とはどこに使われているかご存知ですか???
瓦屋根の場合壁際や鬼瓦
一番劣化やすいのは屋根の頂上の塗根の下に塗られている場所です。

漆喰が劣化し剥がれてくると
その中にある土が水を吸ってしまい
吸い込んだ水が下へ伝わり雨漏りの可能性があります。

瓦屋根自体は基本的にはメンテナンスは必要ありませんが
漆喰のメンテナンスはしっかりと行いましょう!!!
漆喰
漆喰
漆喰の工事をするにあたってまず一番最初に行うのは
古い漆喰を撤去することです。

古い物の上から塗ってしまうと
古い物が剥がれてしまうと新しい物も一緒に剥がれてしまいます。

せっかくお金を払って直してもらったのに
すぐにダメになってしまってはとてももったいないです。

まずは古い物を撤去し新しい物を施工時てもらいましょう!
漆喰
漆喰
撤去したら新しい物を塗っていくのですが
必要に応じて左の写真の様に下塗りもしていきます。

まず土台を作った後、右の写真の様に綺麗に塗っていきます。

漆喰を塗る時に気を付けるのは
上の部分等の見えにくい場所の塗り忘れや
隙間が空いていない事に気を付けましょう。

空いてしまった隙間から雨が侵入し
そこの部分が剥がれやすくなってしまう恐れがあります。

漆喰のメンテンナスの時期は10年です。

しかしその10年はしっかり施工しての年数ですので
手を抜いたりすると持ちが全然違います。

ですので工事する前にはしっかりとした見積書と
その説明をしてもらいましょう!!!

街の屋根やさん名古屋東店は
点検・見積りまでは無料です!!

屋根の事でお困りでしたら1度ご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0022

名古屋市守山区で棟の漆喰工事と谷の差し替え工事が始まりました。

漆喰工事 瓦屋根

津島市で瓦屋根に使用されている漆喰の補修工事をしました。瓦屋根では多くの場合、棟と呼ばれる部分に漆喰が使われています。湿式工法とも言いますが、最近では乾式工法という漆喰を使用しない方法もあります。

漆喰 補修

今回は名古屋市守山区で漆喰の補修工事を行ってきました。瓦自体は焼き物ですので基本的にはメンテナンスは必要ないので自分の家の屋根を見ることは少ないと思います。ですので今回はそんな瓦屋根の方の為に瓦屋根のメンテナンスの様子をお伝えしていきます!...........