オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日進市で瓦屋根の棟取り直し工事を行いました。


棟取り直し
棟からの雨漏れと思われる被害が室内に出ており、日進市の方から工事依頼です。だいぶ前に点検はさせて頂いていましたが状況は好転せず、やはり台風で被害が拡大するのを止めないといけません。瓦の葺き方によるケースが多い子の工事ですが、一度棟をすべて解体してからまた雨漏れしないように積みなおしていく工事です。
棟取り直し
棟を崩していくと中には土があります。雨水が入っているので変色して湿っています。
棟取り直し
コチラも土は湿っており、握るとじんわりと水分が入っています。過去のケースでは土を絞るとボタボタ水が落ちるような湿り方をしていたこともありました。
棟取り直し
大屋根、下屋根ともに一度棟を取り壊します。この建物の瓦はラバー工法で固定されていた為、一度コーキングを切り取り、新しい瓦で積みなおします。
棟取り直し
大棟の津見直し作業です。これまでは土がいたところ、今回は「なんばん」という漆喰で固めて積んでいきます。中で固まってくれるのでこれまでのように土がどうにかなってしまう事もありません。
棟取り直し
熨斗瓦の間にもなんばんが密着するよう適量を盛っていきます。その後、銅線にて棟を縛り固定していきます。
棟取り直し
下屋根の隅棟とともに大棟の施工も進めていきます。鬼瓦だけはそのままに、棟の高さも形も解体前と全く同じ棟が出来上がります。棟下の桟瓦との取り合いで雨水の流れが瓦内側に入ってしまう雨漏れですが、寄棟の建物にお住まいの方はこの可能性があります。実際に棟に水かけ試験を行うと棟の内側に流れていく水を確認する事ができます。瓦屋根でこれまでに雨漏れ被害のあった方、またご心配な方は一度点検されてみてはいかがでしょうか。当社では診断・見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCN7147

今回は長久手市で雨漏りがしてしまっているというご依頼を受けお伺いした所、瓦屋根の棟という部位が原因だった為棟瓦の積み直し工事を行ってきました。積み直し工事とは既存の積んである棟瓦を一度撤去し土、漆喰を新しくしもう一度瓦を積み直す工事です。そ...........

S瓦 棟の補修工事

天白区の棟瓦の漆喰工事が完了しました。屋根材が瓦の場合は漆喰工事が必要となる事があります。快適な生活をする為にも定期的なメンテナンスをしてお家の寿命を延ばしてあげましょう。屋根外壁工事の事なら街の屋根やさん名古屋東店にお任せください!

S瓦 棟の補修工事

天白区で雨漏りや屋根工事は街の屋根やさんにご相談ください。今お住まいの家で雨漏りや天井に雨染みはありませんか?そんな場合の屋根工事は街の屋根やさんお任せください。雨漏りは原因を特定するのが非常に困難です。雨漏りの原因はかならずしも1つではな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687