日進市で瓦屋根の棟取り直し工事を行いました。


棟取り直し
棟からの雨漏れと思われる被害が室内に出ており、日進市の方から工事依頼です。だいぶ前に点検はさせて頂いていましたが状況は好転せず、やはり台風で被害が拡大するのを止めないといけません。瓦の葺き方によるケースが多い子の工事ですが、一度棟をすべて解体してからまた雨漏れしないように積みなおしていく工事です。
棟取り直し
棟を崩していくと中には土があります。雨水が入っているので変色して湿っています。
棟取り直し
コチラも土は湿っており、握るとじんわりと水分が入っています。過去のケースでは土を絞るとボタボタ水が落ちるような湿り方をしていたこともありました。
棟取り直し
大屋根、下屋根ともに一度棟を取り壊します。この建物の瓦はラバー工法で固定されていた為、一度コーキングを切り取り、新しい瓦で積みなおします。
棟取り直し
大棟の津見直し作業です。これまでは土がいたところ、今回は「なんばん」という漆喰で固めて積んでいきます。中で固まってくれるのでこれまでのように土がどうにかなってしまう事もありません。
棟取り直し
熨斗瓦の間にもなんばんが密着するよう適量を盛っていきます。その後、銅線にて棟を縛り固定していきます。
棟取り直し
下屋根の隅棟とともに大棟の施工も進めていきます。鬼瓦だけはそのままに、棟の高さも形も解体前と全く同じ棟が出来上がります。棟下の桟瓦との取り合いで雨水の流れが瓦内側に入ってしまう雨漏れですが、寄棟の建物にお住まいの方はこの可能性があります。実際に棟に水かけ試験を行うと棟の内側に流れていく水を確認する事ができます。瓦屋根でこれまでに雨漏れ被害のあった方、またご心配な方は一度点検されてみてはいかがでしょうか。当社では診断・見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟取り直し工事

北名古屋市で去年の台風でずれてしまったS形瓦の棟部分の工事をしました。経年劣化によって下地の劣化が進行しており瓦を固定している釘が浮いていました。釘が下地に効いていない状態の為、一度棟を解体して新たに棟を積み直す工事をしました。

棟積み直し工事

清須市で雨漏りを直すために棟の積み直し工事をしています。先日、屋根の点検をして小屋裏のチェックと散水試験をした結果、棟部分からの雨漏りと分かりました。棟下部分の漆喰を塗り直しただけでは雨漏りを直す事にはならないので今回の工事では棟の積み直し...........

棟積み直し工事

清須市で瓦屋根の棟部分から雨漏りを引き起こしていた家の棟積み直し工事をしています。棟積み直し工事とは今ある棟を一度解体をして再び瓦を積み直すという工事です。