オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阿久比町へ瓦屋根の点検に行ってきました


古瓦屋根
今回は阿久比町へ瓦屋根の点検です。こちらも築年数が経った屋根とのことで雨漏れもありお困りだということです。古い瓦という事で点検に行ったところ、古瓦でした。割れている瓦も多く、手直しや差し替えだけでは不安な状態にお見受けできました。

切妻型の屋根で平屋造りでした。ご覧のように瓦自体が劣化しています。現在雨漏れも確認できており困っていらっしゃいました。この古い瓦は現在使われている瓦と一枚当たりの寸法が違っており少し小さめです。こちらで使われている瓦は「中深瓦」(ちゅうぶかがわら)で働き寸法が小さいものでした。予備の瓦もなかったのでいくつかの補修対応を提案します。
古瓦屋根
写真ではわかりにくいですが野地が歪んで波打っています。今と違って屋根の下地が野地板と木の皮でできているので経年で変形する事があります。波打っている個所によっては瓦に隙間ができてしまい風雨の時などに瓦の中に雨水が侵入してしまいます。
古瓦屋根
胸瓦の部分です。てっぺんの半丸の瓦の下に積んである平たい瓦を「のし瓦」と言いますがその間から植栽が・・・。この棟瓦の中には土が盛ってあります。そんなところから草木が生えてくるとは驚きです。当然この草木により瓦を押し上げているので隙間ができていました。
古瓦屋根
鬼瓦です。棟と鬼瓦が少しずれていますが施工当時のものと思われます。漆喰も変色して劣化しています。漆喰は劣化するとひび割れてボロボロと落ちてしまいます。
古瓦屋根
棟下の漆喰とのし瓦です。漆喰は褪色と剥離箇所が多くみられました。瓦もこのように割れてしまっています。
古瓦屋根
雨漏れの直上付近の瓦がバラバラに割れていました。この状態では雨降りの時は水が染みてしまいます。何か物が当たったような割れ方に見えますがそうではなく劣化によって表面から割れて剥がれて、を繰り返した結果です。
古瓦屋根
瓦が大きく欠けているものもありました。重なり部分を超えた所がこのように割れてしまうと雨水侵入の可能性が高くなります。
古瓦屋根
ここは屋根の袖にあたる部分でけらば(袖瓦)です。野地が平らではないのでゆがみも見られますが、この瓦は落ちないように番線で結ってあり固定されています。
古瓦屋根
雨樋の割れもありました。経年劣化で割れてしまったのがわかります。通常、雨樋の交換時期は一般的に20年~25年目と言われています。およそ2回目の外回りリフォームの際に交換するケースが多いようです。
この屋根の修繕の提案として割れた瓦を差し替えて棟も一度解体して施工し直し、または屋根葺き替えです。差し替え案は枚数も多く、相当量の瓦を準備しないといけません。しかし差し替え後もほかの瓦の不具合が出た時に同じ作業が発生します。予算にもよりますが、現状だと下地から造り直して新しい瓦に葺き替える方がベターだと判断しました。雨漏れもある事からあまり時間をかけても被害が拡大してしまう恐れがあるのでしっかりと現状の状態を説明してご理解を頂きました。屋根に関するお困りごとはぜひ当社へご相談下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シーリング工事

小牧市でやっている塗装工事の現場からです。シーリングの打ち替え工事が完了しました。前回の続きから完了までお伝えをしたいと思います。一般的な戸建物件ですとシーリング工事は2~3日程かかります。シーリングはお家を雨水から守る重要な部分です。塗装...........

シーリング工事

小牧市で外壁塗装工事をしています。外壁がサイディングの場合は目地に使われているシーリングの打ち替え工事が必須となります。シーリングの寿命は使った商品や立地環境にもよりますが10年程度です。シーリングにひび割れがある場合は補修の時期に来ている...........

谷板金

名古屋市瑞穂区にて谷板金の差し替え工事を実施しました。谷板金とは・・・屋根と屋根との取り合い部分に発生する雨の通り道のことを指します。この谷板金は、数十年前まで銅板が使われていました。しかし、この銅板は酸性雨による経年劣化によって大きな穴が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687