オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天白区の雨漏りや屋根工事は街の屋根やさんにご相談ください


天白区で雨漏りや屋根工事は街の屋根やさんにご相談ください。

今お住まいの家で雨漏りや天井に雨染みはありませんか?

そんな場合の屋根工事は街の屋根やさんお任せください。

雨漏りは原因を特定するのが非常に困難です。

雨漏りの原因はかならずしも1つではないからです。
豊富な知識と経験で雨漏りの原因を見つけ、雨漏りを解決するご提案させていただきます。

雨漏りが無くても屋根のお困りごとも何でもお任せください!

今回は屋根の漆喰が劣化して棟が歪み天井に雨染みが発生していました。

S瓦の棟の補修工事の様子をご紹介します。
S瓦 棟の補修工事
こちらが今回工事をする瓦屋根の様子です。

漆喰が使われていますが所々漆喰が剥がれていました。

漆喰が剥がれているからといって、すぐに雨漏りにつながるわけではありませんが
漆喰の劣化から棟の歪み等に繋がり雨が浸水しやすい状況になりかねるので注意は必要です。

S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
S瓦(洋瓦)の場合の漆喰工事の方法です。

①棟瓦を外す
②土と漆喰を撤去
③棟木の交換(状況に応じて)
④なんばんしっくい塗り
⑤棟瓦復旧
⑥ビス締め(パッキン付きステンレスビス)

この様な流れとなります。

さっそく棟瓦を外していきます。そうすると葺き土と漆喰が出てくるので、これを撤去していきます。
S瓦 棟の補修工事
S瓦 棟の補修工事
ちりとりをセットしていく事で屋根の下に土が落ちるのを防ぎます。
なるべく土ぼこりが経たない様に慎重に撤去をしていきます。
S瓦 棟の補修工事
葺き土と漆喰を徐々に撤去中


S瓦 棟の補修工事
撤去後、棟木だけになりました。
S瓦 棟の補修工事
こんな感じで丁寧に葺き土と漆喰を撤去します。

本日は2人での作業です。
当たり前ですが屋根工事では高所作業にあたるので必ずヘルメットを着用します。

S瓦 棟の補修工事
最後に棟木も撤去していきます。

細かなところまで葺き土と漆喰を撤去していきます。

写真の様に綺麗に取り除けたら次は新たな下地となる棟木を取付けていきます。


本日の作業はここで終わりです。
雨が降っても大丈夫なように養生をして現場を引き上げます。
明日もこの続きをお伝えできると思います。

漆喰工事や葺き替え・カバー工法工事、その他の補修工事をご検討の方は街の屋根やさんに
お気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の漆喰劣化

小牧市の屋根工事の様子をお伝えしたいと思います。先日屋根の調査に行きました。屋根には陶器瓦が使用されていました。瓦の場合は他の屋根材と違い表面の塗装をする必要はありません。しかし状態によっては棟部分の漆喰やその他のメンテナンスが必要となりま...........

強力棟の取り付け

先日から行っている小牧市の屋根工事現場です。なんばん漆喰を使用した棟の取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は漆喰や棟の工事が必要です。台風シーズンに入っていますが大きな被害が起きる前にメンテナンスをお勧めいたします。屋根や外壁にはたくさん...........

棟取り直し工事 工事前状況

小牧市で築35年の瓦屋根の棟取り直し工事をしています。瓦屋根の場合は他の屋根材と比べて塗装工事をする必要はありません。しかし棟部分に使用している漆喰のメンテナンスは必要となります。漆喰が剥がれている場合はメンテナンスの時期となりますので目安...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687