千種区で屋根葺き替え工事をしています。1次防水と2次防水とは


名古屋市千種区で屋根の葺き替え工事をしています。

屋根はスレート屋根材を使用しています。

屋根には1次防水と2次防水という考え方があります。
屋根の仕上げ材が1次防水で下葺き材が2次防水という考え方です。

下の写真を見てみましょう
屋根葺き替え工事 防水紙の重要性
写真の様に今回の場合は

スレート屋根材が1次防水

防水シート(ルーフィング)が2次防水となります。

屋根では屋根の仕上げ材だけでの完全防水は難しいです。
基本的には屋根仕上材が雨水を侵入させないようにして

万が一屋根仕上材の下に浸水があった場合は速やかに外部へ排水出来る仕組みが施されています。

基本的にはこの様なセットになっており
1次防水として屋根仕上材
2次防水として防水シートという考え方をします。
屋根葺き替え工事 防水紙の重要性
屋根葺き替え工事 防水紙の重要性
2次防水となる防水シートは下地(コンパネ張り)工事の後に張ります。
※写真左

しかし屋根仕上材が葺かれると2次防水は隠れてしまい2次防水のメンテナンスが出来なくなります。

ですので2次防水を仕上げる際には防水シートの重ね合わせ巾やタッカー等で固定する際の打ち方が重要となります。

また屋根に煙突やトップライトなどの突起物があると雨仕舞が難しくなるので入念な施工が必要です。

屋根葺き替え工事 防水紙の重要性
街の屋根やさんは屋根専門店としての知識と経験、技術があります。

雨漏りをしない家を作るために日々勉強をしております。

お家の事で不安なことや気になる事がありましたら、

お気軽にご相談ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関屋根葺き替え工事

名古屋市中区で玄関の上にある小さな屋根部分の葺き替え工事を行いました。工事前はサビが全体的に広がっていました。もし塗装を行ったとしてもあまり長くはもたない状況でしたので今後のメンテナンスの事も考えて玄関屋根を葺き替えることになりました。

屋根葺き替え工事 コンパネ ルーフィング

北名古屋市で屋根の葺き替え工事をしています。葺き替え工事なので昔の屋根をめくる訳ですが、その際に下地を再度作っていきます。コンパネ 構造用合板12mmを張っていきます。

屋根めくり 葺き替え工事

北名古屋市で屋根の葺き替え工事を行っています。葺き替え工事では既存の屋根をめくって新たに屋根を葺きます。ですので最初の工程で屋根をめくるという作業が出てきます。今回は屋根をめくる作業をしていますのでお伝えをしていきます。