豊明市でカラーベストの点検に行ってきました


屋根に登って点検開始です!

スレート劣化
今回は豊明市でカラーベストの点検です。築35年の建物でこれまでに2回の塗装を行っていますが、それなりの劣化も見られ、屋根材が反ってしまっている状態でした。塗装をしてもまたいつか塗装をしなければならないという事がストレスとの事で新しい屋根材で葺き替えをご希望のお客様でした。

築35年平屋造りのスレート屋根です。過去に2階の塗装工事を行ってきました。前回の工事から10年が過ぎ、今回は塗装ではなく葺き替えをご希望です。また、現在は雨漏れも発生しているようで、丈夫で長持ちする屋根材を提案してほしいとの事でした。スレート屋根なので板金屋根のカバー工法も可能なのですが、やはり瓦の重厚感がお好みのご様子でしたので今回は軽量瓦の提案をさせて頂きました。TVCMでも放送されていた優れた屋根材、KMEW(ケイミュー)のROOGA【ルーガ】です。
棟板金褪色
棟板金の褪色も進んでいました。薄くサビも出ています。以前塗装した際にどのような材料で塗装したかは10年以上前なのでわかりませんが使う材料の種類によっても耐久性が変わってきます。
スレート割れ
スレートの割れもいくつか見られました。破片は見当たらず、欠け口が古く苔などが見られた為、だいぶ前に割れてしまったと思われます。スレートは一般的なもので厚みが5.5㎜という事もあり、劣化が進んで変形したり、工事の際に屋根の上を歩くと割れてしまう事があります。
スレート劣化
屋根材の塗膜も劣化して白華しています。所々に板反りがあるので歩くと軋む音がしました。
破風褪色
付帯の破風も板金でしたが褪色しています。
ルーガ雅
葺き替え提案の屋根材はこちらの「ルーガ雅」です。瓦屋根のおよそ1/3の重さです。現在のカラーベストより重量はありますが、軽量鉄骨の建屋なので大丈夫です。色あせしにくく風に強い瓦です。この一枚の材料は女性でも片手で持てる重さです。瓦屋根でも漆喰は使わない施工なのでメンテナンスフリーです。
今回はお客様のご希望でメンテナンスフリーの軽量瓦をご提案しました。板金屋根も選択肢としてありましたが、やはり重厚感や建物の形に合った良いものを・・・、という事でしっかりご案内しました。葺き替えや各種屋根工事をご検討の方には色々な屋根材の種類やその工法、メリット・デメリットをお話したうえでご採用頂いています。当社では経験豊富な屋根職人とともに皆様に合ったご提案をさせて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市で葺き替え工事|土葺き瓦から軽量瓦へ

KMEWルーガ鉄平 葺き替え工事
DSCF1894_R
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
Kmew ROOGA(ルーガ)鉄平
築年数
30年
建坪
32坪
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
270万円(足場含む)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

岡崎市で屋根葺き替え・外壁塗装を行いました

長田邸外観
長田邸
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
屋根:KMEWコロニアルグラッサ
築年数
築25年
建坪
25坪
保証
10年間
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊明市で軒天の張替工事

軒天施工前
軒天施工後
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
カラーガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事 防水紙の重要性

名古屋市千種区で屋根の葺き替え工事をしています。屋根はスレート屋根材を使用しています。屋根には1次防水と2次防水という考え方があります。屋根の仕上げ材が1次防水で下葺き材が2次防水という考え方です。下の写真を見てみましょう

玄関屋根葺き替え工事

名古屋市中区で玄関の上にある小さな屋根部分の葺き替え工事を行いました。工事前はサビが全体的に広がっていました。もし塗装を行ったとしてもあまり長くはもたない状況でしたので今後のメンテナンスの事も考えて玄関屋根を葺き替えることになりました。

屋根葺き替え工事 コンパネ ルーフィング

北名古屋市で屋根の葺き替え工事をしています。葺き替え工事なので昔の屋根をめくる訳ですが、その際に下地を再度作っていきます。コンパネ 構造用合板12mmを張っていきます。