豊川市で屋根外壁の点検をしてきました


モニエル瓦
屋根点検の様子から見ていきましょう。モニエル瓦=セメント瓦は重量もあり、塗装が必要になってくる屋根材です。洋瓦風のデザインも多く意匠性の高い屋根材ですが現在の新築やリフォームには用いる方はいなくなっています。ご覧のように元はブラックの屋根でしたが褪色が進んで白華しています。
モニエル瓦
全体的に塗膜はすでに粉状になって剥がれており、部分的に細かなひび割れなどが見られました。
モニエル瓦
棟瓦の写真です。瓦の中には垂木が入っており、瓦を釘で留めてあります。しかし経年で釘も浮いてきており、雨が釘穴から伝って内部の垂木に水が浸み込んでいます。
モニエル瓦
今回点検の建物の屋根は「棟違い」の屋根でしたがこのように棟のつなぎ目にあった漆喰も劣化して剥離が進行中でした。
モニエル瓦
屋根面を近くで見ると塗膜がなくなったうえに黄カビや黒カビが発生していました。年数の経ったスレート屋根やこのようなモニエル瓦によく見るカビですが、全体的に広がっているので美観を大きく損なってしまっています。屋根の状態をみて訪問販売の営業さんも声を掛けてきます。
モニエル瓦
屋根面のひび割れです。大きいものではないので塗装やコーキングで補修が可能でした。人為的なものではなく自然の劣化の中で起きるひび割れです。
鼻隠し
屋根下の鼻隠し板です。過去の塗装が剥離し始めています。一か所始まるとどんどん拡大してきます。
雨押え
壁際の雨押え板金です。サビは出ておらず色褪せが出ている状態です。塗膜劣化が進むと板金は錆びてくるのでやはり塗装は必要です。
サイディング褪色
外壁面を見てみると特に日の当たる面は色ムラになっており褪色が進んでいました。
チョーキング
壁を触るとチョークの様な粉が・・・。チョーキング現象です。外壁も屋根も塗膜がなくなると水分を吸い易くなってしまい材質の劣化を招いてしまいます。
必要な施工に対してのお見積りを立ててご検討頂く事になりました。同じ塗装工事でも築年数による劣化の度合いや材質によっても使う塗料が違ってきます。詳しくご案内もできますので屋根壁の塗装をご検討の方は是非お問い合わせ下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修

名古屋市東区で「屋根が瓦の場合、メンテナンスは何をするべきなのか教えてほしい!!」とお問い合わせ頂きました僕たちの場合、どこの部分の屋根修理が必要なのかまず現地調査を行わさせて頂きます。実際に長いハシゴをかけ、屋根に登らさせて頂きます!!

屋根修理の様子 下地工事と差し替え

中村区で古瓦の屋根修理をしました。今回行った工事の内容は、屋根の下地補修工事と瓦の差し替え工事です。築年数が経過した屋根で瓦に割れが多く発生していました。

アスファルトシングル屋根 特徴とメンテナンス方法

名古屋市中区でアスファルトシングルの屋根点検をしました。アスファルトシングル屋根の特徴とメンテナンスについて今回はお話をしたいと思います。アスファルトシングルはアメリカの住宅の80%で使用されているといいます。表面に粒状彩色石のグラデーショ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687