あま市で屋根の点検に行ってきました


S瓦 全景
あま市で屋根の点検に行ってきました。飛び込みで来た業者さんに屋根を見てもらい
見積もりを出してもらったそうですが、
見積の内容も分かりにくく非常に高額だった為、心配になり弊社にお問い合わせ頂きました。

内容としては
 ・同じ様な工事項目が複数ある
 ・数量が全て一式である
 ・必要のないラバー工法(ズレ止め コーキング補修)がある

屋根工事は専門的な言葉が多く、見積もりをもらってもすぐには理解できないと思います。
見積もり書の比較・判断はこちらのページで解説してますので是非チェックしてみて下さい!


今回は屋根に上がり点検をして今の状況を正確にお伝えして何が必要な工事かを写真を使い説明させて頂きました。

上記の写真が今回点検した屋根です。
屋根にはS形瓦が使用されていました。S形のSはスパニッシュに由来します。他の瓦とは形が異なり洋風な屋根になります。
また瓦表面は釉薬によってガラス質になっている為、水が浸透せず長い年月が経っても美しい状態を保ちメンテナンスの必要がありません。ただし棟の漆喰部分のメンテナンスは必要になってきますので注意が必要です。

釘の浮き
釘の浮き 漆喰の剥がれ
棟の瓦を止めてある釘が浮いています。長年の風雨や地震等の揺れの影響によって徐々に釘が浮いてきてしまいます。
釘を打ちこんでみると中の木材にまだ効いていたので腐食はないと思います。
また棟下の漆喰は部分的に剥がれて屋根や雨樋に詰まっていました。

漆喰の劣化
DSCF7439_R-columns2-overlay
棟下の漆喰の状況です。触るだけでポロポロと剥がれてきてしまうほど劣化していました。
また北側の下屋根、日差しが当たりにくい所ではコケが発生していました。

今回点検をした所、棟部の釘の浮きや漆喰の劣化が進行していました。
喰は全体的に劣化が進行しており剥離している箇所もありましたので補修をお勧め致しました。
S形瓦の場合、一度棟の瓦を外す必要があります。その際に中の木材も腐食しない
樹脂製の人工木というのがあるのでそちらへの交換もご提案いたしました。

またお客様より昨年、屋根からの落雪によりカーポートの屋根に穴があいてしまったとのご相談がありましたので
合わせて後付の雪止め金具の取付もご提案させて頂きました。

実際の工事の様子はコチラから

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根 部分補修

名古屋市南区で屋根の補修工事をしてきました。築年数が40年以上経過しており建て替えも検討されているとの事でした。数年でもしかしたら建て替えをするかもしれないとの事でしたので優先度の高い工事を部分的にしてきました。今回は剥離した漆喰を部分的に...........

瓦の差し替え工事

愛西市で築50年以上経過する家の屋根瓦の補修工事をしてきました。経年劣化によって瓦が凍てたり割れていたりしていました。同じ形状、サイズの瓦を準備して悪くなっている部分の瓦を新しいものに差し替えをしてきました。

漆喰工事 雨漏り補修

あま市で雨漏りをしていた家の工事をしています。雨漏りをしていた箇所から様々な仮説を立てて雨漏りの原因を考えました雨漏りの原因は必ずしも一つとは限らないので雨漏りの原因を特定するのは非常に難しいです。今回の雨漏りの原因は屋根からでした。経年劣...........