安城市にて鳥害対策の現場確認に行ってきました。


防鳥施工
こちらはベランダから手の届く屋根の袖部分です。瓦の下に詰め物がしてありますが、お施主様が手を入れたものです。幅はおよそ1.5~2㎝ほどですが、小動物の侵入を防げるようにと施工されたそうです。
防鳥施工前
点検ではまずベランダからチェックしました。室外機やベランダ所々にフンが落ちていたとの事で、点検当日も1階の室外機の上にフンが確認できました。上空には電線などはなく、鳥が留まれるようなところはありませんでした。雨樋もチェックしましたが、鳥が巣を作っていたり、留まった様子もなく比較的きれいでした。
防鳥施工前
こちらは軒先の瓦の正面です。洋瓦なので写真の様な「面戸」が取り付けてありました。水切り板金にも不具合はなく異常はないかのように見えました。
防鳥施工前
屋根袖と軒先の瓦の取り合い部分には指が2本ほど入る隙間が確認できました。今の屋根の作りは桟葺きなので土はありません。瓦を釘で固定する桟木があるだけなのでもしもこの隙間から何かが侵入したとすれば瓦の中を移動できると思います。
防鳥施工前
こちらは袖瓦の先端(軒先)です。正面に見えるコの字型の板金は捨て水切りです。標準の施工なので不具合はないように見えます。しかし面戸と板金の隙間は確認できました。この水きりは棟部分まで伸びているのでここも小動物が侵入すれば屋根の中を動き回る事が出来てしまいます。
防鳥施工前
水切りの近接です。隙間の高さが2.5㎝ほどありました。構造的には屋根の頂点まで行ける道のようになっているので小動物の侵入を疑う箇所でもありました。
今回の点検では瓦の施工に問題はなし。面戸や水切りなどの施工も標準でしたが、施工の不具合ではないですが隙間がある箇所を確認できた、というものでした。考えられるのは小鳥やコウモリです。特にコウモリは実に1.5㎝ほどの隙間があれば小型のものは通ることができるといわれています。時期によりコウモリも夕方などにたくさん見かけたことのある方も多いかもしれません。小動物の糞害は建物の美観を大きく損ね、住んでいる方にとって決して気持ちのいいものではないと思います。これらの被害をどのようにしたら防げるのか提案内容を考えなければいけません。次回以降の同ブログで鳥害防止についての施工にも触れていきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........

スレート屋根 重ね葺き工事

名古屋市守山区でスレート屋根の重ね葺き(カバー工法)工事をご検討されているお客様の所へお見積もりの為の、調査に行ってきました。スレート屋根の工事では塗装以外に①葺き替え工事 既存の屋根を撤去後、新しく屋根を葺く②重ね葺き工事 既存の屋根の上...........