モルタル外壁のクラックの補修方法が気になる方へ|稲沢市


稲沢市で外壁の点検に行ってきました。

築20年で外壁はモルタルが使用されていました。
お客様のお問い合わせ時に

『外壁のクラックが気になる』
『補修方法が分からないし、どこへ頼んでいいかもわからない』

というお問い合わせを頂きました。

屋根や外壁はとても専門性が高い部分です。
どこへ頼んだらいいかわからない方は街の屋根やさん名古屋東店にお問い合わせください。
ご相談だけでも大丈夫です

では早速点検に様子に行きましょう~!
外壁 モルタル クラック
こちらがモルタルです

モルタルは、水を使って砕石と砂を合わせて乾燥させたものです。
このモルタルというのはモルタル自体の収縮や構造に使われている木材の乾燥収縮などによって
表面に微細なクラックが発生しやすい資材です。


特に日がよく当たる面や面積の大きい外壁面では乾燥収縮が起こりやすく防ぐことは難しいです。


外壁 モルタル クラック
外壁 モルタル クラック
診断時にはクラックスケールというものを使用します。

このクラックスケールを使うとクラックの幅を測ることができます。
クラックの幅が0.2㎜~0.3㎜以下はヘアークラックと呼ばれ髪の毛ほどの細くて浅いクラックのことを言います。

ヘアークラックの場合は雨水の侵入の心配はありませんが補修は必須です。

塗装工事の際に下地調整工事として下塗り材の刷り込みをする必要があります。


今回の点検では0.3㎜以上の構造クラックと呼ばれるものはありませんでしたので一安心です。
外壁 モルタル クラック
外壁 モルタル クラック
しかし全体的にヘアークラックの発生や

右の写真の様なチョーキングが発生していました。

チョーキングは塗装時期の目安となるサインですので今回は塗装工事をご提案しました。

今回はありませんでしたが0.3㎜以上の構造クラックはクラック部分をV字にカットして補修材を刷り込む
補修工事が必要となるのでクラック幅を診断時に計測する必要があります。


街の屋根やさん名古屋東店では
小さな工事から大きな工事までおこなっております

少しでも不安がありましたら、ご相談だけでも構いません

一度お問い合わせください。よろしくお願いします

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟替え工事 アフター点検

名古屋市熱田区で屋根の棟替え工事をしてから5年が経過した家のアフター点検にいってきました。屋根は普段なかなか目に付きにくい場所なので異常に気が付くのが遅れがちです。街屋根では工事後のアフター点検を行っているので安心です。シーズンはまだですが...........

雨漏り調査

一宮市で雨漏り調査をしてきました。雨漏りの原因を特定するのはとても難しいです。それは雨漏りの原因が1つとは限らないからです。あらゆる可能性を検討して総合的に判断をする必要があります。

瓦屋根 漆喰の劣化

北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。屋根が瓦の場合は塗り替えはしなくても良いのですが棟の漆喰のメンテナンスは必要になってきます。今回はお施主様が通りがかった業者さんから漆喰を指摘されて心配になって街の屋根やさんにお問い合わせがありました...........