屋根の下地工事と防水シート張り|北名古屋市


北名古屋市で屋根の葺き替え工事の現場です



大工さんに下地を張ってもらう作業をしてもらっています。

それが終わり次第、防水シートを張っていきます


防水シートとは屋根を1次防水と考えたときに
2次防水となる部分です。


1次防水である屋根材では全ての雨水や結露等の水分の侵入を防ぐことは出来ません。

ですので万が一に雨水が1次防水を越えて侵入したときにすみやかに外へと排出するために2次防水として防水シートがあります。
ルーフィング 防水シート張り
ルーフィング 防水シート張り
暑い中大工さんの手によって下地が張り終えました。

屋根のサイズに合わせてカットをしていきます。

下地となる材料も重いので荷揚げだけでも大変な作業です。

隙間なく綺麗に張っていただきました。
ルーフィング 防水シート張り

ルーフィング 防水シート張り
防水シート(ルーフィング)を張っていきました。

ロール状になっており屋根の下から張っていきます。

そして重ねしろをとってはっていきます。

上から張っていくと重なり部分からの漏水の原因になるので要注意です。


この様にして工事を進めていきます。

防水シートがないと吹き降りの際に雨が屋根材の裏へと侵入してしまい

下地の腐食を進めてしまいます。

屋根は専門性が高く何も知らないと雨漏れを引き起こしやすい屋根となってしまいます。


ですので屋根工事は専門工事会社の街の屋根やさん 名古屋東店にお問合せください


次回の内容はまた近いうちにお伝えします

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瀬戸市でカバー工法|D'sルーフィング ディプロマット

カバー工法 施工前
カバー工法 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
D'sルーフィング ディプロマット
築年数
25年
建坪
105㎡
保証
雨漏れ10年保証
工事費用
110万円(足場含)
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根重ね葺き外壁塗装工事

一宮市で弊社で1年前に屋根重ね葺き(カバー工法)外壁塗装工事       をして頂いたお客様の1年点検にいってきました。屋根はニチハの横暖ルーフαプレミアムSという板金屋根材外壁はエスケー化研のシリコン塗料を使用しました。上の写真は横暖ルー...........

スレート 台風被害 

前回ご紹介した台風被害によるスレートのめくれた現場の屋根工事が開始いたしましたのでその様子をご紹介いたします。今回工事するのは今ある屋根材の上から新しい屋根材を被せる重ね葺きという工法です。重ね葺き工事のメリットは葺き替えに比べ廃材撤去の手...........

カバー工法 金属屋根

前回ルーフィングまで張った現場を今回屋根材を葺いていき完成させていきます。使用した材料はアイジー工業のスーパーガルテクトフッ素という商品です。それでは工事の様子をお伝えしていきます!!!