トタン屋根のメンテナンスでお困りの方へ|瓦棒屋根|北名古屋市


本日は北名古屋市で屋根の点検に行ってきました。

今回見てきた屋根は瓦棒葺きの屋根でした。

リフォームの金属屋根工事ではトタンを使った屋根の修繕が多いです。

どうしてもサビが発生しやすく耐用年数が短いのでメンテナンスとしては大変です。

今はトタンよりも耐久性やサビが発生しにくいエスジーエル鋼板が出ていますので安心です。
瓦棒屋根
『瓦棒屋根』


『瓦棒葺き』

こんな言葉を聞いたことありますか?

今はあまり使われなくなってきました。

名前に『瓦』とつきますが、瓦屋根ではないんです・・・。

紛らわしいですね笑


上記の写真が瓦棒屋根です。



瓦棒屋根
瓦棒屋根
基本的な特徴としては

つなぎ目が少なく雨漏りに強かった。

また緩い勾配(傾斜の緩い)でも施工が可能である。

シンプルな施工なので工事がしやすく一時期流行った。

瓦棒葺きが使われたのはこんな様な特徴と背景があります。


しかし今は『立平葺き』という屋根が出てきて瓦棒葺き屋根は減ってきました。

なぜかというと瓦棒屋根は軒先部分から水を吸いやすく下地が腐食しやすかったからです。

下地が腐食すると屋根の固定力が低下して強風時に屋根がめくれるなんてこともあります。

なので防水性能が瓦棒葺きよりも向上した立平葺きが今は主流となっています。

立平葺き
こちらが立平葺き屋根です。

瓦棒葺きよりも継ぎ目が細くなりスタイリッシュです。

また瓦棒葺きよりさらに緩い勾配でも屋根の施工が可能となりました。

瓦棒屋根
この様に全体的にサビが発生してしまうと腐食が進行して雨水の侵入のリスクが上がります。

本来であればサビが出る前かサビが広がる前に塗装が必要ですが

全体的にサビが広がってしまうと塗装が難しくなります。

そうなると葺き替えか状況によってはカバー工法(重ね葺き)工事が出来ます。

屋根は日頃から確認できる部分ではないのでメンテナンス時期を知るのは難しいですが

街の屋根やさん名古屋東店では無料で点検を行っております。

お気軽にお問い合わせください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁塗装工事 アフター点検

名古屋市西区で外壁塗装工事をして1年が経過した家にアフター点検をしに行ってきました。外壁はサイディングでフッソ塗料にて外壁塗装工事をしました。フッ素塗料ですと耐久年数としては15~18年位です。よっぽど問題はないのですが、念の為にという事と...........

S瓦 棟瓦 点検

日進市で屋根の工事が始まりました。屋根の棟部分の工事なのですが本日は以前点検に伺った際の様子をお伝えしていきます。今は台風シーズンに入っており台風が今週末にも近づいてきています。大きな被害を出さない為にも早めの対策をしていきましょう。

平板瓦 イーグル40

名古屋市緑区で築15年のお家の屋根をみてきました。今後、雨漏りをしては困るからという事でご依頼を頂きました。屋根には平板瓦が葺かれていました。基本的に平板瓦(陶器瓦)は他の屋根材(スレート屋根など)と比べて塗装といったメンテナンスは必要あり...........