スレート屋根のメンテナンス方法|名東区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

今回は屋根塗装のご依頼を頂き名東区で現地調査を行ってきました。

使用されていた屋根材はスレートでした。
コロニアルやカラーベストとも呼ばれたりします。

スレートは定期的な塗装でのメンテナンスが必要です。

何故、必要かといいますと・・・
元々防水機能は無く上の塗膜が雨等から守ってくれているので
塗膜が劣化し剥がれてくるとそこから水をどんどん吸ってしまい
吸い込んでは乾燥してまた吸い込んで・・・・
と繰り返すことによって屋根材の浮きや反り
最悪割れてしまいそこから雨漏りしてしまう可能性があります。

ですのでしっかりとメンテナンスしていきましょう!!!
スレート 塗装
スレート 塗装
早速屋根に上がって点検開始です!!!

まだ屋根材に大きな浮き等はありませんでしたが
全体的に色褪せが進んでいました。。。

色褪せの1番の原因は「紫外線」です!!!

屋根は1番紫外線が当たる場所ですので
他の箇所に比べて劣化の進行が早いので要注意です!!
スレート 塗装
スレート 塗装
板金部分も要注意です!

板金部分は色褪せが進行してくると
サビが発生してしまいます。

1度サビてしまうと自然に治ることはなく
そこからどんどん広がっていきます。

最悪の場合穴が開きそこから雨漏りしてしまう恐れがあります。

更によく見ると釘に浮きがありました。
こういった部分もしっかりと点検して行きます!!!
大きく分けて3パターンあります。

今ある屋根材を撤去して新しい屋根材をのせる
・葺き替え

今ある屋根の上から新しい屋根材をのせる
・重ね葺き(カバー工法)

今ある屋根材に新しい塗膜を塗る
・塗装

街の屋根やさん名古屋東店はどの工事でも対応できます。

屋根の事でお困りの方は是非ご相談ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害 棟板金

今回は名古屋市東区で屋根の現地調査を行ってきました。ご依頼の内容は前回の台風により棟板金が飛散してしまったという内容でした。棟板金とは屋根の頂上に「棟」と呼ばれる部位がありスレート屋根はこの場所に板金で施工してあります。何故飛んでしまうのか...........

台風被害

今回の台風はとても被害が多く多くの屋根が被害にあってしまいました。棟の板金の飛散、瓦の飛散、酷い所では屋根の下地から飛んでしまったという家もありました。その中でも今回はスレート屋根の棟板金が飛んでしまったというご依頼を頂き名古屋市昭和区に行...........

スレート屋根の雨漏れ

北名古屋市のスレート屋根の雨漏れ事例の紹介です。弊社にお問い合わせがありました。数年前に他社で塗装工事をされたそうですが、ここ最近になって雨漏れが発生したそうです。塗装をする前は雨漏れは一切なかったそうです。塗装をされた業者に連絡はしたそう...........