スレート屋根のメンテナンス方法|名東区


今回は屋根塗装のご依頼を頂き名東区で現地調査を行ってきました。

使用されていた屋根材はスレートでした。
コロニアルやカラーベストとも呼ばれたりします。

スレートは定期的な塗装でのメンテナンスが必要です。

何故、必要かといいますと・・・
元々防水機能は無く上の塗膜が雨等から守ってくれているので
塗膜が劣化し剥がれてくるとそこから水をどんどん吸ってしまい
吸い込んでは乾燥してまた吸い込んで・・・・
と繰り返すことによって屋根材の浮きや反り
最悪割れてしまいそこから雨漏りしてしまう可能性があります。

ですのでしっかりとメンテナンスしていきましょう!!!
スレート 塗装
スレート 塗装
早速屋根に上がって点検開始です!!!

まだ屋根材に大きな浮き等はありませんでしたが
全体的に色褪せが進んでいました。。。

色褪せの1番の原因は「紫外線」です!!!

屋根は1番紫外線が当たる場所ですので
他の箇所に比べて劣化の進行が早いので要注意です!!
スレート 塗装
スレート 塗装
板金部分も要注意です!

板金部分は色褪せが進行してくると
サビが発生してしまいます。

1度サビてしまうと自然に治ることはなく
そこからどんどん広がっていきます。

最悪の場合穴が開きそこから雨漏りしてしまう恐れがあります。

更によく見ると釘に浮きがありました。
こういった部分もしっかりと点検して行きます!!!
大きく分けて3パターンあります。

今ある屋根材を撤去して新しい屋根材をのせる
・葺き替え

今ある屋根の上から新しい屋根材をのせる
・重ね葺き(カバー工法)

今ある屋根材に新しい塗膜を塗る
・塗装

街の屋根やさん名古屋東店はどの工事でも対応できます。

屋根の事でお困りの方は是非ご相談ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円
施工事例

中村区で室内雨漏れによる内装改修工事を行いました

室内改修前
室内改修後
工事内容
その他の工事
使用素材
ヒノキ壁材、化粧巾木、他
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

工事後の定期点検

本日は名古屋市守山区に行ってきました。今日こちらへ来た理由というのは、街の屋根やさん 名古屋東店で屋根葺き替え工事と外壁塗装工事をして頂いたお客様の工事終了1年後の定期点検です。弊社では工事終了後1・3・5・7・10年経過したお客様にDMを...........

スレート劣化

屋根から点検です。軒天の部分に雨染みが・・、との事でベランダからも確認しましたが湿気によるものか経年の汚れシミの状態でした。屋根点検でも大きな割れや板反りは無く、褪色のみだいぶ進んでいました。

陶器瓦 雨漏れ被害

東海地方、特に岐阜県では記録的な大雨となりました。連日の雨によって交通機関や国道にも大きな影響を与えました。場所によっては土砂崩れもあり復旧のめどが立っていないそうです。そしてこの連日の大雨によってもたらされる雨漏れもその被害の一つといえま...........