名古屋市緑区で雨漏れ(防水)点検に行ってきました


過去の防水
一般的なバルコニーです。元々コンクリート造りのバルコニーで一度ウレタン防水を施工されています。ウレタン自体は経年劣化が見られたので雨漏れ位置を確認して点検していきました。
過去の防水
鉄製の手摺の外側も同じウレタン防水です。表面を見ると施工時から間もなくして現れたような劣化もお見受けできました。
過去の防水
バルコニーの立ち上がりの入隅にはウレタンの切れが見られました。雨水が浸みこんだ可能性が高く、立上がり付近の変色が確認できます。一度浸み込む道ができるとそこから水分の侵入路が拡大していきます。今回の雨漏れの原因の一つではないかと思われます。
過去の防水
こちらは使用上や経年の劣化です。ウレタンが薄くなり、黒い斑点のようになりますが、これはコンクリートの下地です。
過去の防水
ウレタン防水にたまにみられる症状で、このように丸い跡が出る事があります。「ピンホール」と呼んでいますが、今回の場合はコンクリートの下地に直接ウレタンを塗装した為に起こってしまった不具合と思われました。下から上がってきた湿気がウレタン塗膜を持ち上げて気泡のようになり割れた跡です。
過去の防水
当然、気泡が割れると穴になります。こんな箇所が大小いくつも出ている状態でした。多量の水や湿気は入りませんが、「水の入りそうな箇所」がある事は不安材料でもあります。
過去にウレタン防水を施工。今回はどのような補修が必要かというとお勧めはやはりウレタン防水です。トップコートなどを塗っても恐らく早いうちにひび割れてしまうと思われるので動きに強いウレタンをお勧めしました。さらに当社のウレタン塗装の多くは「通気緩衝工法」と言ってウレタンの下地にシートを敷き込んでウレタン施工する方法を多く用います。また、足りあがり部分の切れが上の写真にもありましたが、立ち上がりにはメッシュシートを敷いて切れを起こしにくい施工もしています。その為、浮き上がりや切れは少なく、長い期間耐えうる防水層を作る事ができます。防水工事の種類も他にはアスファルトやシート防水といった工法もありますが、リフォームの場合は現在の状態と過去にどのような施工(リフォーム)をしているかで提案が変わってきます。戸建のベランダやバルコニー、アパート・マンションの防水施工でお悩みの方は是非お問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

陸屋根/ウレタン防水施工/雨漏り/千種区

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス DSカラーゼロ
築年数
築35年
建坪
15坪
保証
10年間
工事費用
90万円
施工事例

昭和区でバルコニー防水|長尺シート張替え工事

バルコニー長尺シート
バルコニー長尺シート
工事内容
防水工事
使用素材
【タキロン】タキストロンLB
築年数
30年以上
建坪
60㎡
保証
10年保証
工事費用
70万円 長尺シート・ウレタン防水工事含
施工事例

大府市で屋上アスファルト防水工事を行いました

施工前
アストップコート施工後
工事内容
防水工事
使用素材
アスファルトタフネスシート、専用シーリング材他
築年数
25年
建坪
保証
10年(メーカー・工事会社)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)
施工事例

名古屋市緑区でU瓦の屋根をガルバリウム鋼板の屋根に葺替え

U瓦施工前
縦ひら屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール【マイトモスグリーン】
築年数
約40年
建坪
約25坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩ビシート防水

名古屋市千種区で経年劣化が進んだベランダの塩ビシート防水工事をしました。外壁塗装工事をした際にベランダの防水工事も一緒に行いました。防水は防水の種類や立地、環境によりますが大体15年位でメンテナンスの時期が来ます。ベランダの下に部屋がある場...........

ウレタン防水

名古屋市中川区でバルコニーの防水改修工事をしてきました。バルコニーや陸屋根には防水が施されています。築10年を経過したら防水のメンテナンスが必要になってくるかもしれません。今回はウレタン防水にて工事をおこないました。

防水 FRP防水

今回は名古屋市西区でベランダ防水の点検を行ってきました。防水にもFRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水・・・等、色々な種類があり既存の防水やその場所の使い方によって次に施工する防水も変わってきます。ですのでまずは今施工してあ...........