名古屋市守山区で棟の冠瓦がずれるので、まず点検に行いました!



名古屋市守山区で点検を行ってきました!!

今回のお問い合わせ内容は・・・

「訪問販売員の方から瓦のズレを指摘され、不安になり一度確認してほしい」

との事でした。

訪問販売員の方は、遠目から見て瓦のズレを指摘してくる場合があります。

確かに、遠目から見てもわかる場合もありますが、
基本的に屋根全体が見えているわけではありません。

瓦のズレだけを指摘してこられても、
あまり信用せず、一度実際に屋根に登って見てもらいましょう!!

そして、実際に屋根に登って見ると・・・

屋根補修工事
屋根補修工事

棟の一番上にある冠瓦を触ると、かなりズレが起きていました。

冠瓦は緊結線と呼ばれる番線で留めてあったり、
冠瓦上部に少し長めのビスで留めてあったりします。

番線で留めてある場合、上の写真のように
番線自体が切れてしまうと、留めるものが無くなってしまいます。

今回はすでに番線が切れてしまっており、
棟自体がかなりぐらぐらする状態でした。


次に棟の両端を確認すると・・・

屋根補修工事
屋根補修工事

鬼の周りは劣化が進行してしまっていました。

鬼巻きの漆喰は、
常に雨に当たり、常に紫外線にさらされている部分です。

そうすると、どうしても棟下の漆喰より劣化の進行が早くなってしまい、
すぐにぽろぽろと剥がれ落ちてしまう場合があります。

鬼巻きの漆喰が剥がれ落ちると、
雨水が直接棟に積んである土にあたり、

棟の崩れや雨漏れに直結してしまいます。

同じように棟止めの漆喰も雨漏れに繋がってしまいます。

長年何も見てもらった事のない方は
一度確認してもらいましょう!!

他にも屋根からの雨漏れに影響してしまうのは・・・
屋根補修工事
屋根補修工事

谷板金です!!

谷は、屋根と屋根のつなぎ目部分に雨が流れる場所を作ってある場所です。

この谷板金は昔の家屋の場合、銅板を使われるのが一般的でした。

しかし、一度も手入れを行っていない谷板金は、
雨や雪でサビが進行してしまい、最悪の場合穴が開いてしまいます。

穴が開くと、直接内側に雨が侵入してしまうので
雨漏れの原因になります。

今ではステンレスの板金をその上から被せ、
新規の谷板金を作り、劣化が進行しないようにします。

ちょっとした穴でも長年放置した場合、
柱にも影響を及ぼす可能性があるので気を付けましょう!!

その際は、是非一度「街の屋根やさん名古屋東店」までご連絡ください!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修

名古屋市東区で「屋根が瓦の場合、メンテナンスは何をするべきなのか教えてほしい!!」とお問い合わせ頂きました僕たちの場合、どこの部分の屋根修理が必要なのかまず現地調査を行わさせて頂きます。実際に長いハシゴをかけ、屋根に登らさせて頂きます!!

漆喰工事

名古屋市中川区にて雨漏れが発生中の屋根の現地調査をしてきました!!今回のお問い合わせは・・・「訪問販売の人に瓦のズレと二分金の破断を指摘されて、不安だから見てほしい」とのご依頼でした。私たちも実際に見てみないとわからない為、早速、現地調査に...........

シーリング工事

名東区で壁と屋根とのつなぎ目部分から雨漏れが発生しておりました!!今回のお問い合わせは・・・「急に雨が天井から落ちてきたから見てほしい」とのことでした。実際の現場は・・・

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687