名古屋市緑区の会社倉庫で台風被害


折半屋根
名古屋市緑区にある会社倉庫にやってきました。台風被害により雨漏れが発生しています。今回の台風は風台風でありながらやはり雨も降っていたので被害のあった方が非常に多く、当社でも相談の電話やメールが相次いでいます。
このような大きな建物でも雨漏れ箇所の確認から水の侵入経路の目星がつけば原因の発見と対策は打つことができます。
折半屋根
まず目に入ってきたのはここ、屋根袖の板金です。風害により明らかに捲れあがっています。実はこの部分は地上から18メートルあり、屋根も勾配がきつく歩いて登れない為、何とか屋根の中腹から撮影、点検しました。浮いてしまった板金の下地の状態は確認できませんでしたが、他の箇所がビス止めであった為、補修はかのと思われます。
折半屋根
さらに上を見ると登り切った奥行にもう一つ平らな部分の屋根があります。その下に屋根の形に合わせた面戸が付いています。三角の面戸の辺に当たる部分には隙間があります。その隙間から吹き込んだ雨が室内に入った可能性もあります。
倉庫室内
倉庫室内の様子です。建物の一番上階ですが、床に雨染みが広がっていました。
折半屋根ボルトキャップ脱落
折半屋根はこのようにボルト固定されています。こちらはしっかりボルトキャップを設置してありましたが、経年劣化でキャップが脱落した部分も多くありました。元々ボルトの劣化を防ぐためのものですが、取れてしまうとボルトがダメージを受けていき、錆が進んで雨漏れの原因ともなり得ます。
今回の雨漏れ点検で手を入れなければならない箇所は、「屋根の面戸」と「捲れた袖板金」、「ボルトキャップ」です。安全に施工する為の方法を考えて提案します。一般の住宅よりはるかに高い高所作業になるので作業性も含め安全第一です。今回の皆様からの台風被害の問い合わせは施工の大小含め様々でしたが、そもそも予想していない被害なのでお客様も慌てたりしがちです。当社でも急ぎの対応を進めていますが適当な点検や調査で間違った工事にならないようにしっかりと話を聞きながら対応しています。各種工事のご相談はお気軽に当社へお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市西区で瓦屋根の谷板金交換で雨漏り補修をしました

谷板金交換 銅板の劣化
谷板金交換 銅板の劣化
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板金
築年数
築28年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

雨漏れ!知多市で屋根葺き替え工事を行いました

和瓦 施工前
和瓦 青銅色
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
使用素材
陶器瓦(青銅色)
築年数
築25年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
320万円

同じ地域の施工事例

施工事例

名古屋市緑区で傷んだ漆喰の補修工事を行いました

棟下漆喰 補修工事
棟下漆喰 補修工事
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
25年
建坪
25坪
保証
工事費用
25万円(足場費用別途)
施工事例

緑区で屋根修理の為、U瓦の屋根をガルバリウム鋼板屋根に葺替え

U瓦施工前
縦ひら屋根施工後
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーガルバリウム鋼板 タフクール【マイトモスグリーン】
築年数
約40年
建坪
約25坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雀口漆喰 面戸板金

尾張旭市で劣化して剥離した雀口の漆喰の代わりに面戸板金を取付けています。屋根に瓦が使用されている場合は軒先部分に漆喰が使用されていることがあります。年数の経過と共に漆喰が剥離して剥がれ落ち隙間が空いてしまうと雀や小さな動物や虫が入り込んでし...........

漆喰工事

名古屋市南区にて和瓦葺きの屋根修理の為に漆喰工事がスタートしました!!!瓦は割れや抜けなどがない限り、半永久的にメンテナンスが必要のないとても優秀な屋根材です。しかし、瓦屋根の場合は必ず漆喰のメンテナンスが必要になっています。この漆喰のメン...........

漆喰工事

名古屋市緑区にて、約20年ぶりの漆喰工事をスタートしました。漆喰とは棟の下や壁と屋根材の隙間にある白い塗り物のことです!今回はその漆喰工事の工程を細かく説明していきます!!まず、工事前の状態は・・・

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋東店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-969-687